« SFCはエライのか? | Main | P2P killed the RadioStar? »

Thursday, August 05, 2004

polite fiction?

大学んとき英語で異文化間の理解と誤解 Polite Fictionsてのを読んだんすわ。それを踏まえて。
スマートフォンが「スマート」になる日
CNETの記事ばっかりでスマン。
どうもこれビジョンがない人の場当たり的な言い訳インタビューでしかないような気がするのだが。
中国の「礼」だと、とにかく最大限の言い訳をするのが礼儀というかpoliteなんだそうな。日本だと非を認めて即座に謝るのが潔しとされるんだけどね。潔し、って価値観がもう日本特有か。
まとめると「まあ、いろんな技術が発達すればうちからもそのうちまともなもんが出ますから買ってね」みたいな感じで。

中国といえば土曜の足玉アジアカップ決勝。すげーおもしろい予想してる人がいたけどmixiなのでリンク張れず。むねん。

|

« SFCはエライのか? | Main | P2P killed the RadioStar? »

Comments

僕のことでしたらもちろん無断転載ぴーっとコピペしてください!
違ってたら超恥ずかしいのでこっそり削除してくださいね。

Posted by: pai | Thursday, August 05, 2004 21:06

ご本人から許可が出ましたのでコメントでひっそりコピペしまーす。
----
<土曜日の予想>
前半日本怒涛の攻勢で5本のシュートをゴールに叩き込むも、不可解なオフサイドの判定により4本がノーゴール。
中沢、宮本、小笠原が一発レッドにより退場
理由はツラがあまりにも非紳士的なため。
同様の理由でMF、DF全員がイエローカード。
また中国FWの進路を妨害したとペナルティエリア外にもかかわらずPK4本。
川口の神がかり的なセーブでしのぐも1点とられ同点のまま後半へ。
後半5分、すでに動けない中国選手は横を日本選手が通りすぎるたびに大げさに倒れてレッドカードが連発しついに日本陣営はサントスと川口だけに。
しかたがないのでジーコ、15分ごとに選手を交代させてひたすら走りまわらせる作戦で驚くことになんとか中国の拙攻を守り抜き、延長へ。
延長前半3分、スローインを投げる相手がいなくてオロオロするDF本山に悪質な遅延行為としてついにレッドカード。日本川口のみ。

ぶち切れた川口ついに鬼神に。
伝説の11人抜きを5回行い6-1、試合終了。
----

ね。まるで「見えるラジオ」だ(笑)

Posted by: udon | Thursday, August 05, 2004 21:37

waiting for next post

Posted by: Rurbardy-web | Thursday, July 15, 2010 10:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference polite fiction?:

« SFCはエライのか? | Main | P2P killed the RadioStar? »