« 大変なことを忘れてた。 | Main | 敗者の論理? »

Saturday, August 07, 2004

相当であること。

寝起き。
長崎とわたくし
とくにアクションとか起こさなくてもいいんじゃないかな。
以下きっと寝ぼけたこと書いてるんだろうけど気にしない方向でいこう。

歴史まったくダメなんですけども、二つの原爆投下が日本に対してトドメというか降伏のかなり直接的な要因になったこと自体は事実じゃないのかな。単純に因果関係として。あんだけの犠牲を伴う必要があったかどうかを別にすれば。
それが「よかった」かどうかは立場によって価値判断が分かれるところ。あの惨状を知っても「よかった」と評価できる人がいたら、それは少なくとも当時の日本人・日本軍の振る舞いについても省みるべしってことだし。
あと75%ニホンジンが100%ニホンジン向かって言っちゃうデリカシーの問題はあるかも。「国民」としてはどの戦争でどうやって死んだかは重要な問題だけど、ただの「ヒト」にとっては日本軍に殺されようが原爆で殺されようが、ひとつ命とその死に価値の差はないもの。縁もゆかりもない他人が何十万人死のうが自分のばあちゃんが生きてる方がうれしい。だんだん他人事に想像が及ぶようになったり、カンケーねえよとか思っても言わないのがオトナなんだけどさ。

あんま関係ないけどアメリカの退役軍人会でもWW II世代とベトナム世代は仲が悪いみたいですね。
いわく
「ベトナムの負け犬どもめ」
「原爆落としてまで勝ちたくねえよ」
だそうで。

なんにしろ靖国はいっぺん行っておきたいところ。
終戦記念日の朝には玉音放送でも聞こう。

|

« 大変なことを忘れてた。 | Main | 敗者の論理? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相当であること。:

« 大変なことを忘れてた。 | Main | 敗者の論理? »