« 量産型ねこ(保証つき) | Main | たたかうくるま〜♪ »

Saturday, August 07, 2004

タイミングと計算力。

「赤ペン先生」もIT化 ベネッセが中学受験向けeラーニング
1時間4,500円から!僕なんか二人いっぺんに教えて時給1,600円っすよ。何なんだこの貨幣価値の違いは。ロシアか栃木は。んで単位はルーブルか。
中学受験は胎教から始めないと。それはともかく小学生になってから手を打とうとしても、もっと幼いころからそれ用の脳の使い方を開発しておかないとスタートラインに並べないと思う。最低限、暗算とかそういうのはそれなりにできないともう大変。僕が教えてる中学生は偏差値50前後なのに、小数の、それも1.5倍の暗算できなかったりする。そんでちょっと長い(項が多い)計算になると今度は途中の式が書けない。こういう脳の開発具合は本当の学力をつける本に書いてあるみたいな、学力うんぬんよりは生活習慣の問題なんだろうと思う。それを裏付ける個人的な経験則「鉛筆の持ち方が変な子は勉強できない」は、また別の機会にでも。
なんでこんなこと偉そうに書くかというと、自分があんまり勉強できなかった理由が最近やっと少しずつわかってきたから。

MP3の生みの親が送り出す3Dサウンドに脚光
技術には世に出るに最適なタイミングがあるじゃないですか。たとえばmp3が普及した理由のひとつに、出てきた当時として絶妙なリソース(ファイルサイズ・音質・エンコード/デコード負荷)の消費バランスだったというのがある。はず。ファイルサイズが大きすぎたらHDDに入りきれないしネトワーク経由でアレできない。音質が悪すぎたら誰もありがたがらない。計算力の負荷が高すぎたら実用にならない。
で、この技術。2004年の今、どこの痴れ者が部屋の壁に300個からのスピーカーを仕込むんだよ。そのスピーカーで全部別々の音を出すのにどんだけの計算機(と、それに伴う電力)が必要なんだよ。シネコンに仕込むにしてもアンプの出力より計算機のが電気使うだろう〜。

PDAに感染する初めての悪質プログラムを確認--破壊的機能を搭載

ARMプロセッサとMicrosoftのPocket PCオペレーティングシステム(OS)を搭載したデバイスにしか感染しないようだ、とSymantecはいう。
こんなとこもバイナリ非互換。せんせーXscaleはARMに入りますかー?
ところでPocketPCとWindowsCEってどう違うんだっけ。

|

« 量産型ねこ(保証つき) | Main | たたかうくるま〜♪ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference タイミングと計算力。:

« 量産型ねこ(保証つき) | Main | たたかうくるま〜♪ »