« オマージュ二題。 | Main | 理由と、相当ということ。 »

Tuesday, September 14, 2004

良心と死刑。

死刑執行の宅間死刑囚、刑確定後も謝罪の言葉語られず
もっと早い時期、子供のころに治療されるべきだった哀れな精神障害だったと思うけどね。一応合掌。

よく名誉棄損の裁判なんかで「謝罪を命じるのは良心の自由に反する」なんてすっとぼけたこと言ってくるやつがいるけど、しょせん法は本当の良心にまでは立ち入れないんだよね。せめて法が立ち入れる領域で謝った姿勢を見せなさいというのが司法権限の限界。もちろん、それすら通用しなかった怪物の例がこれ。

あと死刑制度について。
いわゆるジンケン的な配慮から廃止すべきって主張はよく知らないけど、僕が知ってるある先生は、現場で執行する人たちがあまりに非人道的な労働環境にあるから廃止すべきと言ってた。なるほどそれも一理ある。じゃ死刑に相当する重大な犯罪への刑罰は?その先生が言ってたのは、遺族に執行させる、つまり報復刑(仇討ち)の復活。昔はポピュラーだった報復刑ですが、その後の刑法関連では応報刑と目的刑(教育刑)の二分論しかなかった。もちろん今は異端だし、まだいろいろと「つっこまれどころ」は多く残ってる。半分冗談めいて話してたし、でも半分ぐらいは本気だったと思う。少年法のブームが去った今、今後の被害者学の盛り上がり次第では、ありえる話かもしれない。
もちろん仇討ちなんか野蛮だって批判はあるだろうけど、結局どうやっても人間は野蛮から逃れて生きられないんじゃないか。野蛮とか人の生死を日常から遠ざけて文明は進歩してきたさ。つまりは、その文明とやらのありかたさえ問われてるんじゃないかと。…こんなことしょっちゅう言ってるな。
蛮行を許すのは、そりゃご立派なことでございましょう。ここの部分だけは皮肉抜きで。forgive, but never forgetの精神ね。ただ、そういうゴリッパな生き方が強いられる世の中なんて、ものすごく窮屈。ある意味こっちのが良心の強要。
もうひとつは、今の日本にはない終身刑。ただこれもジンケン派の皆様に言わせると、憲法で禁じられている「残虐な刑罰」に該当するという主張。そりゃつらいよね、生きてるのって大変だもの。だけどさ、ちょっとフツウに考えてみ。終身刑を言い渡されるような犯罪って何?ただ刑が残虐だとかそういう絶対的な意味じゃなく、犯した罪の大きさから「応報」的に導き出せば、終身刑すら相当とされるケースは少なくないんじゃないだろうか。
何してもジンケンの名のもとに許される社会で規範意識が育つわけないじゃん。ズルしたやつが勝つゲームでルール守るのはバカ。
長くなったのでこのへんで。

|

« オマージュ二題。 | Main | 理由と、相当ということ。 »

Comments

死刑にしてくれーって言っていた人をあっさり死刑にしてしまって、あんまり苦しめずに終わらせてあげちゃったって感じてしまいます。
死刑廃止論とその理由については全く合意!
税金いっぱい使うけど。
死刑判決をうけて生かされているのが一番非人道的だという意見もどっかで読んだことがあります。

Posted by: 赤の9番 | Tuesday, September 14, 2004 at 21:08

この人って死刑になりたかったのですよね。
だったら無期懲役(模範囚でも出所はできない)にした方が
よかったんじゃないかなーと思ったのは、単純でしょうか。
知人の母校なので、他人事とは思えませんでした。
かわいそうですね。殺された子供達はもちろん、被告も。

Posted by: しおリス | Tuesday, September 14, 2004 at 23:42

>赤の9番さん
故・宅間元死刑囚も言ってたけど、死刑判決が確定してから執行せずにジワジワいたぶるのは法務大臣の職務怠慢脱法行為なんすよね。ああいうやつにこそそんなエキストラ刑罰を科してやりゃよかったのかもしれないけど、それもまあ正義かっつうと微妙に違うわな。
関西の言葉で言うところの、極端な「いちびり」?

>しおリスさん
感覚としては至極真っ当だと思いますが、仮出獄なしの無期懲役(事実上の終身刑)って刑がないんですよ、日本には。だいたい無期懲役っても10年かそこらで出てきちゃいます。

やっぱ人格障害は早期治療が大事と…他人のこと言えた義理じゃないかも。

Posted by: udon | Wednesday, September 15, 2004 at 13:18

「時計仕掛けのオレンジ」って映画、ちゃんと見て無いんだけどさ、極悪な主人公が刑を執行されるとき、「十分に罪の意識を感じ、悔い改めた上で」執行されるそうで。
そういうのもどうなんだ、という気がする。自分は酷いことをした、と本心から悔いた人に、その上で執行する刑っつうのにどんな意味があるのか、ってね。
僕は死刑賛成論者なんだけどね。
人の命はそれほど重くない、という意見のもとに。

Posted by: nomad | Thursday, September 16, 2004 at 02:18

人の命はそれほど重くないかっつうと、それなりに重いとは思うんですけど、そこは価値相対主義で、ええと例えば地球より重いとかそういうことはないんじゃないかと。
何よりも人命第一という似非人道バカのヒトツオボエはドリフのコント見て「食べものを無駄にしちゃイカン!」とか怒ってる人と同じようなメンタリティなのかも。

Posted by: udon | Thursday, September 16, 2004 at 17:07

「すべての命は時価である」ってセリフがどっかの漫画にあったね。

Posted by: 狐志庵 | Friday, September 17, 2004 at 07:42

結構いい確率でボッタクリが混ざってるってことですか。

Posted by: udon | Friday, September 17, 2004 at 16:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/1435049

Listed below are links to weblogs that reference 良心と死刑。:

« オマージュ二題。 | Main | 理由と、相当ということ。 »