« 良心と死刑。 | Main | 炎狐! »

Tuesday, September 14, 2004

理由と、相当ということ。

隼人ちゃんの遺体発見、兄の行方捜索 小山の誘拐事件
テレビなんかでぼちぼち出てきた情報によると、この被害幼児の親(被疑者から見て「先輩」)ってのも相当なもんだったみたいすね。いきなり押しかけてきてそのまま同居、光熱費も払わずエアコンの部屋を占拠したりしてる。
子供同士の仲もよくなかったみたいで、被疑者の長女は「学校に行ってる間に部屋を荒らされた」「部屋中のものを壊された」と度々訴えてたもよう。
傍若無人な親の子は、親の権威を笠に着て本来自分より上位のやつをいじるタイプ、あと「うちのバカ親がすみません…」ってタイプの両極端な感じ。この子供たちはどっちだったんだろう。

そりゃ殺しちゃったやつが一番悪いのはあたりまえだけどさ、殺されるほど憎まれるのもどうよ?ペナルティとして相当かどうかはとりあえずおいといて。「先輩」に直接盾突けなければその子供に向かうのは目に見えてるだろうに。
雑なまとめだけど、子供が殺されちゃってかわいそうねー、殺人鬼は許せませんねーだけではすまない問題がいろいろ潜んでるものだ。

|

« 良心と死刑。 | Main | 炎狐! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 理由と、相当ということ。:

« 良心と死刑。 | Main | 炎狐! »