« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »

Thursday, December 08, 2005

カメラ!カメラ!カメラ!

いつのまにかこんなのができてた。
スタジオカメラ
これでいつでも…ではないにしろ週に何度かは梅ちゃんのご尊顔が拝めるって寸法でえ。
ラジオのスタジオにwebカメラを設置するのはべつに新しい試みじゃないんだけども、これは結構おもしろい。ニュース読んだあと、いちいち「よし、読めた!」って表情するあたりとか。
あと金曜B☆Box見てると、ときどき本当にイヤイヤやってんじゃねえかなっていう気がしてくる。…がんばれ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Tuesday, December 06, 2005

いつか訪れるであろう次の夜明けの前に。

“匠の技”を次世代車に NSX、年内に生産終了
日本人はバブルマネーを何に使ったのか?と、大学んときの恩師が一時期口癖のようにぼやいていたのだが、このあたりには確実に使われて文化的インフラに昇華したはず。と信じている。
当時の日本には乗用車ベースのスポーティカーしかなかったところに、どーんとオールアルミボディという話題性で乗り込んできたのが和製スーパーカーNSXですよ。ぶつけたら板金できないからパネル単位で交換しかないといわれたアレ。ほんとはどうか知らない。でもエンジンは当初レジェンドと同じ型式だった気がする。しかもV6横置きという事実上FFを前後逆にした程度のスーパーっぷり(ホンダがもともとFF好きでいろいろ技術持ってっかんね)。かたや世界のスーパーカーは当時の「スモール」フェラーリ348でもV8縦置きだったのに。もちろんフルサイズはV12だ。
けどね、何が衝撃的だったかって、つまるところスーパーカー的なパッケージングを乗用車品質に仕立て上げたところじゃないかと思うわけです。それまでは、スーパーカーは壊れて当たり前。どっちかっていうと動いてる時間のが短いくらい。そんで壊れたら本国まで部品発注して納品は半年後とかフツウだったわけです。いや今でもそういうの好きで乗ってる人いるけどさ。ところがNSXときたらまず壊れない。まあ稀に壊れてもホンダベルノ店で、へたすりゃ日帰りで直してもらえちゃう。
こりゃいかんというわけで、当時のフェラーリはNSXを研究した上で348を引っ込めて355を出してきた。その355が大ヒットして360に続く、と、我らがホンダNSXは世界の名だたるスーパーカーに多大なる影響を与えたわけですよ。えっへん。
ただしNSX最大の不幸はやはり時代という敵にあったわけで、その時代の要求だったのか「ゴルフバッグが二つ積める」トランク、つまりリヤオーバーハングが変に長いプロポーションは見た目にもどうにもならないですな。あとづけで、あれは高速安定性を高めるための吹き流し効果をねらったものだとか言われてたけどマユツバ。だってNSXまっすぐはそんなに速くなかったもん。

それにしてもこの時期の自動車/自動二輪業界はいろいろ派手なことやってたと思いますね。
20,000rpm以上回る狂気の250cc4気筒エンジンをのっけたCBR250RRもこのころだし。2ストのレーサーレプリカ競争は熾烈を極め、実測で70ps以上出てたのがあるとかなんとか。そして400ccクラスにはホンダだけでも並列4気筒のCBRとV型4気筒のVFRが併存してた。
直後、免許制度の改革?なんかのせいで中型(普通)市場はSuperFourみたいな中庸な車種ばっかりになっちまって新車でほしいと思うのが全然ねえや。

何の話だっけ。
夢のない時代になっちまったな、というまとめでどうだ。

| | Comments (10) | TrackBack (3)

旧新玉川線ユーザーインターフェース。

田園都市線の地下区間、渋谷〜二子玉川間が昔は新玉川線と呼ばれてたのは、鉄道マニアないし沿線住民ならずとも有名な話。か?それ以上の鉄道知識は不要!
で、その旧新玉川線区間には
・池尻大橋
・三軒茶屋
・駒沢大学
・桜新町
・用賀
と駅があるわけですが、それぞれにイメージカラーがついてるのはご存知か?ホームの壁の色が、順に
・オレンジ
・黄色
・緑
・赤
・青
と塗り分けられてる。と、まあここまでは誰でも気づくところ。気にしてれば。
さて、実はホームの壁タイルは
←階段(出入口)側    ホームのはじっこ→
□■■■■□■■■□□■■□□□■□□□□■
□■■■■□■■■□□■■□□□■□□□□■
□■■■■□■■■□□■■□□□■□□□□■
□■■■■□■■■□□■■□□□■□□□□■
こうなってる。
動いてる電車から見ると、ホームの真ん中らへんは色が濃くて、はじっこへ行くにつれて薄く見えるってえ寸法だ。何の役に立つのかは知らんけど。

どう?(何が?)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

そして僕は大人になった。

ラーメン天国:総合インスタントラーメンマガジン あの人のオキニ!
あまり育ちがよさそうな人がいないラインナップがむしろ好感。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

言わない勇気。

和歌山市長「今市はイマイチな町」と発言
昔から思ってたんだけど、オトナは発言を取り消せるから便利だな。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »