« 地政学的リスク? | Main | sustainability? »

Wednesday, May 10, 2006

血と金。

献血敬遠「針が痛いから」 厚労省が初の若者意識調査
痛いんじゃしょうがねえや。
それはそうと、なんか血液ビジネスは聖域化されてる気がするんだけど。漠然と。

内田裕也 今度は54万円すり被害!
しぇけなべいべー。

|

« 地政学的リスク? | Main | sustainability? »

Comments

献血用の注射針は普通の注射針の数倍の太さなので、
点滴は平気だけど、私も実は怖いです。
血液が不足していると言われ続けて長いので、
ウイルス感染の危険もある他人の血より、
そろそろ人工血液が完成してもいいような気がするのですが。

Posted by: しおりす | Wednesday, May 10, 2006 19:51

 一介の吸血鬼としては断固反対!>人工血液

Posted by: 消印所沢 | Wednesday, May 10, 2006 21:34

アニーは献血が出来ません。

昔、他人から輸血しているため
その血を使っての輸血は副作用を起こす恐れありということです。

Posted by: アニー | Wednesday, May 10, 2006 23:59

学生の頃はしこたま献血したものですが、一度空腹時に献血して頭から倒れて以来、針をさされると必ず倒れる体質に。
恥ずかしいやら悲しいやら。

Posted by: Aruyo | Thursday, May 11, 2006 02:49

金出せばいいんじゃないの。
(なんでも金で解決説)
どうせ使えるかどうかは検査するんだし
病人が売りに来ようが、足りないよりはまし…か?

採血の時すら、刺し直し数回、刺したあとでも
グリグリ血管探し求めることがデフォだから、
献血行っても、むしろ嫌がらせっぽくなるな。

Posted by: ばさら | Thursday, May 11, 2006 19:26

きょうkeigoは厚へ意識したかったみたい。
udonで献血しなかった?
きのうは厚へudonは厚へしょうが調査するはずだったみたい。
きのう、若者みたいな敬遠ー!

Posted by: BlogPetのkeigo | Monday, May 15, 2006 10:14

>> しおりすさま
そもそも注射って概念が野蛮なのよ!
ほんと人工血液がんばってほしいわー。特定の成分だけならなんとかなりそうなもんだけどなぁ。
ポリスノーツに出てきた人工血液は牛乳みたいな色だった。

>> 消印所沢さま
天然ものは高いじゃないですか。
大衆が安価で楽しめる模造品・代用品の時代ですよ。

>> アニーさま
輸血したら献血できないってのも変な話だよね。
献血できなくなるようなもんを輸血してんのかと。もっと複雑な免疫系の話なのかな?

>> Aruyoさま
献血したことないけど針刺されると倒れますYo.

>> ばさらさま
金出せばいいと思うよ。
買血が廃止された経緯を考えたら、技術が進歩した現代ではやらない理由がない(倫理的にどうこう以外に)。どうせ輸血用血液や血液製剤には値段が付いてんだから。

グリグリ血管探しは体質的に血管が埋まってっからしゃーないんじゃないの?

Posted by: udon | Monday, May 15, 2006 22:02

えげれすで牛肉食べちゃったのでBSEがらみの汚染を防ぐために輸血できないらしいです。私。

いまんとこ脳はスポンジ状になってません。ありがたいことに。

Posted by: koz | Monday, May 15, 2006 23:53

言わなきゃわかんないって。

Posted by: udon | Friday, May 19, 2006 01:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 血と金。:

« 地政学的リスク? | Main | sustainability? »