« August 2006 | Main | October 2006 »

Saturday, September 30, 2006

いろいろせづねえ。

9月27日(水)1:00〜13:30 に弊社サイトよりソフトウェアをダウンロードされた方へ

ウイルスに感染したタイトルは3,986タイトルでした。
うち、3,179タイトルは問題となっている期間中、1回もダウンロードされておりません。
まあそんなもんよ。がんばれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中途半端な時事ネタを悼む。

殺人未遂と監禁の疑いで暴走族5人逮捕
グループ名にグッときたので。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Thursday, September 28, 2006

ものづくりの魂。

週刊フェラーリ ラジコンカー
エンジンカーに興味ないから半ばどうでもいいのだが、

刊行予定 78号予定(このシリーズは完結号数を確定しておりません。予定完結号数は現時点での予定であり、変更されることがございます。)
これはどうよ。完成までに1年半かかっちゃうぜ?完結号まで刊行されるかどうかがもう信じられないもの。総額にすると8万円以上になる計算。
ま、歩留まり考えたビジネスモデルになってんだろうな。(世の中のすべてを悟ったようなフリ)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

やらない勇気。

昔、ほんとに昔ちょっとだけネットラジオやったことがあるんです。SHOUTcastで生放送ね。そんで昨今はPodcastブームじゃないですか。ここはいっちょ昔取った杵柄でやったろかと思ったんだけど、iLife'06に入ってるGarageBandで録音してみたら自分のしゃべり方がものすごくオタクくさかったのでやらないことにした。
…話したいことも大してないしね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Wednesday, September 27, 2006

杞憂。

英語圏の人にass hole外務大臣って聞こえちゃわないだろうか。(元ネタは「ウイーン舞踏会ユーモア」より)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時計こうたった。

2年ぐらい前から買おうか買うまいか悩んでたSEIKOのダイバーズ。値段は大したことないんだけどダイビングしないし、腕が太くないからなぁ。と。

でかい。でかさなら50万ぐらいするパネライあたりにも負けないかも。こういう趣味の品に精度を求めるのは野暮なのでもちろん機械式。ムーブメント的には今よくつけてるSeiko 5 Sportsの7S36よりワンランク下がる7S26だけどね。裏蓋シースルーじゃないし。まあ見えても見えなくてもそんなにスゴイ機械ではないからよし。安価で大量生産される工業製品という意味ではスゴイ。腕時計のスーパーカブみたいなもん。
セイコー ダイバー ブラックモンスター SKX779K
セイコー SKX779K

通称ブラックモンスターだってさ。200m防水だけど200mも潜ったら時計より先にわしが死んでしまうわ。100m防水の(建前?)Seiko 5 Sportsに比べると、リューズがねじ込みだったりバンドが無垢だったりケースとベゼルがヘアラインフィニッシュになってたり、それなりに高級感がある。スイス製なら10万円以上でも売れそう。
セイコー ダイバー オレンジモンスター SKX781K
セイコー SKX781K

文字盤がオレンジのもあって、ちょっと悩んだんだけど無難に黒にしちゃったよ。

税込送料込¥14,700でございました。楽天最安値。バンド調整までやってもらって2営業日で届いた。すばらしい。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

僕がジーパンばっかり穿いてる理由(わけ)。

安いから。

へたへたになっても味があるとかいうエクスキューズが用意されている便利な服。ただし、育つデニムと朽ちるデニムがあるのでその見極めを誤るとただのみすぼらしい格好になってしまう諸刃の剣!

写真は、ここしばらくローテーションで穿いてる4本のうちの1本、ユニクロのシャトルデニム。およそ1年弱経過。ややタテオチが下品だけど¥1,900には見えない?

Wranglerの11MWZがお気に入り。だが絶版なのでデッドストックでしか手に入らないのだ。
サムライジーンズ19ozのやつが気になる。冬用に。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Tuesday, September 26, 2006

本屋と人生。

Guitar Magazineが700円になってた。僕が毎月読んでたころは500円だったぞ。
ぴあが350円になってた。僕が毎週(隔週じゃなかったか)読んでたころは230円ぐらいだったぞ。今のはA4(たぶん)になってたけど、昔はB5じゃなかったっけ。
沿革 会社概要 ぴあ株式会社
ここに情報あった。

ぴあ読んでたの、高校入学で上京した直後でさ。上京っても横浜の北端、川崎市中原区まで徒歩10分の日吉だったんだけどね。当時、南関東の土地勘まったくなかったので、ぴあMap文庫ってのを持ち歩いてたんだよ。渋谷とか新宿とか街ごとに見開きになってる、文庫っていうか新書サイズの。今で言うEZナビウォークとか、ああいう感じ。けーたいの画面より広いから一覧性に優れてて街ごとのおおまかな道の通り方とか把握しやすかったな。文庫じゃないぴあMapってのもあった。B5ぐらいの。
で、時まさにバブル真っ盛り。総合プレイガイド誌ぴあも相当に厚かったものさ。大学の生協で5%引きかなんかで買ってたっけな。From Aも厚かったなぁ。しかも週2回、火曜のFrom Aと金曜のFrom A to Zが出てた。たしか当時170円ぐらいで連載の読み物と欄外の投稿目当てに買ってたよ。
いろんなライブ--当時は「コンサート」と言ってたと思う--に行きたくて、実際それなりに前出ぴあ文庫持って行ったんだけど、そういう都会的な生き方?も2年ぐらいで飽きちゃったんだ。そのあと高校やめて栃木に戻ってからは、一応コンビニでぴあ売ってるの見かけたけど、ぴあに載ってる情報にアクセスするのが地理的に困難なので興味を失ったというのもあり。utuだし。

本屋はともかく、人生についてはまた別の機会に…。理由:飽きた。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

でけえよ。


ピクトグラムだからわかりやすくなきゃいけないんだろうけどさ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Rock'n' Roll Healthy!

花王ヘルシアウォーターCM曲の1小節目とBOOWY"Cloudy Heart"のギターソロの入り方が似てると思うのだがどうか。
「期待してるヨッ。」という偽ギバちゃんみたいなおっさんの演技も気になるところではあるが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sunday, September 24, 2006

革に求めるもの。

ちょっと前から気になってたユニクロの革ジャンを見てきたよ。
■レザーライダースジャケット(UNIQLO.com)
革が薄い。以上。
しょせんファッションアイテムであってライダーズギアではなかった。SchottとかVANSONみたいな下品なほどの厚さがない。そもそも牛革じゃなくて羊革だし。その存在意義自体は否定しないものの、僕が必要としてるものとは違うので買わない。安いけど。ファッションとして着るなら軽くていいだろうな。僕は246をプロテクターなしのジャケットで走る勇気はない。
値段のわりにちゃんとしてるとは思う。リアル店舗では黒とブラウンの他に白があった。

やっぱ秋冬ものもSimpsonのナイロンジャケットにしよっかな。2万円前後で買えそう。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

生まれゆくもの、死にゆくもの。

新司法試験合格者は1009人 1位は中大の131人
なんとかメンツが立った。
しかしご祝儀相場(ビギナーズラック?)でこの合格率とは。来年以降どうすんだろ。

訃報:小山宙丸さん79歳=白鴎大学長、元早稲田大総長
その影で、広く学生に「チュウマル先生」と慕われた学長が亡くなった。
合掌。講義の内容は全然わかんなかったけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Friday, September 22, 2006

燃費メモ。

277km/13.5l=20.5km/l。
ちょっといい感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 20, 2006

ヒカル業界に異変。

宇多田ヒカル、川村ひかる、伊集院光、太田光(ひかり)など強豪ひしめくヒカル業界にて、
たけし軍団の〆さばヒカルさん死去
雨空トッポライポのライポの方。〆さばになってからのお笑いブームにはいまいち乗れてなかったし、たけし軍団で漫才といえば東京ダイナマイトになりつつあったところ。合掌。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Tuesday, September 19, 2006

Welcome,Microsoft.Seriously.

iPod対抗「Zune」の詳細が明らかに——Microsoft、スペックを公開
この仕様を見るかぎり、とりあえずiPodのライバルにはならなさそう。XboxがPS2のライバルではなかったように。

1年以上前の記事だけど、
Jozに聞くnanoの魅力 - iPodのデザインの秘密

複雑なものに対して「デザインされすぎている」という印象をもつかもしれないが、そうではない。それはデザインが足りないから複雑になってしまうんだ。ピュアなものを作ることにこそ手間と時間をかけていく必要がある。
(中略)
我々は「何かをやらない」ことを選択して行く必要がある。どこかで妥協が必要になってしまうことや音楽のじゃまになるようなことは決してやってはいけない。
(略)
我々はiPodによって新しいソリューションを発明しようとは思っていない。ただ人々が今抱えている問題をシンプルに解決していきたいと思っているだけだ。新しいソリューションは往々にして新しい問題をもたらすからね(笑)。
さて、Zune開発者のみなさんはどう思うだろうか。ソリューションを発明しようと躍起になってないかい?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

インターネットラジオ。

Podcastじゃないよ。
SHOUTcastっていう技術があるのです。iTunes使ってる人は左のソースリストから「ラジオ」を選んでみよう。放送局がずらずらっと並んでるはず。ここのラジオを放送してるプロトコルがSHOUTcastってわけさ。
さて。
今日は、そのSHOUTcastがPC不要で聴けちゃうマッスィーンをご紹介。
BBシャウト
設定や選局はwebブラウザ経由。ちょっとほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, September 13, 2006

虎が死して残した皮について。

コンビニで読み捨てコミックの棚に手塚治虫「一輝まんだら」があったから買ってみた。自称手塚マニアではあるものの「アドルフに告ぐ」「ブッダ」など、あえてこの手のジャンルには手を出さないできた。率直に言って手塚哲学は難解だから。いや明快ならいいってもんでもない。
内容についての詳しい説明は省くが、これがまた手塚マンガの典型というか、長編の予定が途中で人気が低迷したり編集方針が変わったり媒体がなくなったり、ついには完結を見ずしてむりやり終了という「サンダーマスク」や「どろろ」みたいな話。なにしろタイトルの一輝こと北一輝が終盤ちょっと出てくるだけ。手塚の脳内では、ここから一輝を軸として話が展開する予定だったんだろうなー。ボリューム的にも時間軸でも時代(東アジア史)をちゃんと描けてないし。
責任者出てこーい!いやほんとに出てこられても困るんで声を弱にして言いたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

反復時代。

ユニバーサルミュージック、「老人と子供のポルカ」を着うたで配信
オリジナリティ?
もともと着メロって何のために使うものだったんだろう。最近は単純な呼び出し音にしてる人がかなり多いように感じるが。

吉川晃司、ダンスロックユニット結成!

COMPLEX のカバー「MODERN VISION (DK2T mix)」
これもどうか。ギターのトーンひとつで台無しになりそうな予感がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, September 11, 2006

ハァ…。

恋、してえなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Saturday, September 09, 2006

鼻エンジン。

爆笑オンエアバトルにて2連勝。
村田渚氏のツッコミにはオーラが感じられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃費メモ。

258km/13.1l=19.7km/l。
今回ちょっと悪いな。なんかあったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 05, 2006

ワールドワイドウェブ。

インターネットウミウシ
確かにインターネットマガジンの付録みたいだ。…10年前の。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

benefit.

お中元・お歳暮には [山吹色のお菓子]
前述benefitがわかりやすい例。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

feature and benefit.

2秒でPCがオン──“家電”を目指すVistaの新機能
あれ?こんな機能XPについてなかったっけ。ついてたけどちゃんと動かないんだったかも。XPももう5年前のOSだからなぁ。
Macは一瞬でスリープから復帰するのが当たり前になっちゃってるけど、これはいつごろついた機能だったかな。
で、問題はそこじゃない。featureとbenefitについて。
Microsoftはモノ売るときいつもfeature(機能・性能)を前面に押し出す。これこれこういう機能がついてて、すごい技術なんだからありがたがれ消費者ども、という売り方。WindowsでもXboxでもそう。実際のところ、大多数の消費者が求めてるのは技術そのものじゃない。その技術によってどれだけの利益がもたらされるか、どれだけ生活を豊かにしてくれるか。それがbenefitということ。Xbox360が出たとき、Microsoftはハイデフにこだわった。解像度が高い、って言われても。もっと簡単にどんなゲームができるのかをさらりと並べてくれればよかったのだが、同時発売ソフトのラインナップに自信がなかったのかもしれない。
benefitをうまく見せる商売は…例として適切なのはジャパネットたかたとかかな。あとNintendo DSも。べつに特別な商品を扱ってるわけでも、他の通販と比べて特別に安いわけでもないけど、あの売り方はbenefitを見せてるからそれなりに成功してるんだろうと思う。いやほんとに成功してるかどうかは知らない。最近は夜中のテレビでもあんまり見なくなった気がする。ラジオではよく聞く。
NDSも、ごくシンプルに「こんなゲームがあるよ」「ゲーム以外にも英語も脳トレも料理もできるよ」というメッセージは素直に消費者に届いたように思うよ。

最後にひとつ、関係あるようなないような名言を。

http://www.wired.com/news/culture/mac/gallery/1,70512,1.html
"A lot of times, people don't know what they want until you show it to them." -Steve Jobs
(多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ)
ある意味、何がほしいんだかわからないまま買わされてしまう、というのも商売としては正しいのかもしれないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

真夏の夜の夢。

ohmynewsizaが一戦交えねえかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »