« August 27, 2006 - September 2, 2006 | Main | September 10, 2006 - September 16, 2006 »

Saturday, September 09, 2006

鼻エンジン。

爆笑オンエアバトルにて2連勝。
村田渚氏のツッコミにはオーラが感じられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃費メモ。

258km/13.1l=19.7km/l。
今回ちょっと悪いな。なんかあったかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 05, 2006

ワールドワイドウェブ。

インターネットウミウシ
確かにインターネットマガジンの付録みたいだ。…10年前の。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

benefit.

お中元・お歳暮には [山吹色のお菓子]
前述benefitがわかりやすい例。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

feature and benefit.

2秒でPCがオン──“家電”を目指すVistaの新機能
あれ?こんな機能XPについてなかったっけ。ついてたけどちゃんと動かないんだったかも。XPももう5年前のOSだからなぁ。
Macは一瞬でスリープから復帰するのが当たり前になっちゃってるけど、これはいつごろついた機能だったかな。
で、問題はそこじゃない。featureとbenefitについて。
Microsoftはモノ売るときいつもfeature(機能・性能)を前面に押し出す。これこれこういう機能がついてて、すごい技術なんだからありがたがれ消費者ども、という売り方。WindowsでもXboxでもそう。実際のところ、大多数の消費者が求めてるのは技術そのものじゃない。その技術によってどれだけの利益がもたらされるか、どれだけ生活を豊かにしてくれるか。それがbenefitということ。Xbox360が出たとき、Microsoftはハイデフにこだわった。解像度が高い、って言われても。もっと簡単にどんなゲームができるのかをさらりと並べてくれればよかったのだが、同時発売ソフトのラインナップに自信がなかったのかもしれない。
benefitをうまく見せる商売は…例として適切なのはジャパネットたかたとかかな。あとNintendo DSも。べつに特別な商品を扱ってるわけでも、他の通販と比べて特別に安いわけでもないけど、あの売り方はbenefitを見せてるからそれなりに成功してるんだろうと思う。いやほんとに成功してるかどうかは知らない。最近は夜中のテレビでもあんまり見なくなった気がする。ラジオではよく聞く。
NDSも、ごくシンプルに「こんなゲームがあるよ」「ゲーム以外にも英語も脳トレも料理もできるよ」というメッセージは素直に消費者に届いたように思うよ。

最後にひとつ、関係あるようなないような名言を。

http://www.wired.com/news/culture/mac/gallery/1,70512,1.html
"A lot of times, people don't know what they want until you show it to them." -Steve Jobs
(多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ)
ある意味、何がほしいんだかわからないまま買わされてしまう、というのも商売としては正しいのかもしれないけど。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

真夏の夜の夢。

ohmynewsizaが一戦交えねえかなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 27, 2006 - September 2, 2006 | Main | September 10, 2006 - September 16, 2006 »