« 私の名はゴア。 | Main | ソリューション。 »

Wednesday, February 07, 2007

柳沢、だめぽ。

柳沢氏の子供2人「健全」発言、野党が一斉に反発
子ども2人が「健全」 柳沢厚労相また問題発言
あの、すごくシンプルな言い方させてもらいますけど、馬鹿?

「若い人たちは結婚したい、子どもを二人以上持ちたいという(希望を持つ)極めて健全な状況にいる。(略)」
(略)
野党各党は「子どもが二人以上いない人は健全じゃないのか」(福島瑞穂社民党党首)などと一斉に反発
何重にも誤謬があってどこから指摘したらいいのかわからない。
子供を二人以上持ちたい→健全
これは論理学のものすごく基本的な
AならばB
というアレ、なんだっけ、命題?とすると、
子供を二人以上持ちたいと思わない→健全でない
つまりAならBの
AでないものはBでない
は必ずしも成立しない。
たとえば、
福島だめぽはキチガイだ
という命題があったとして、その裏
福島だめぽでない者はキチガイではない
が成立するかどうかを考えたらわかりやすいと思う。

もひとつ。
持ちたいと思うかどうかと、実際に「授かれる」かどうかは別問題であって、福島だめぽはここも(恣意的に?)混同してみせている。前者、子供を二人以上持ちたいと思わない人は、行政という国家権力およびその存在意義から見たら不健全といえるだろうし、後者にいたっては身体的にあるいは家庭環境的に不健全である可能性をはらんでいる。

ここで注意したいのは、健全・不健全という比較的「自然科学的な事実」に近いレベルの価値観と、国家行政から見た都合の善し悪しといった価値観、人として当然に保障されるべき生き方の自由という観点からの価値観、本当はそれぞれ立ち位置によってバラバラな価値感を相似とみなす悪意。
柳沢氏は厚労相、つまり少子化対策をとる側にいる。なぜ国による少子化対策が必要かと考えたとき、年金の問題だったり労働力の問題だったり、つまり国力というところに行き着く。そして富国強兵→軍国主義といった方面へ一直線に着陸しちゃうピュアな思考の人たちが相当数いるということなんだろうか。

あまり関係ないが福島だめぽんちは子供が二人未満なのではないだろうか。Wikipediaによると
1992年7月 『産まない選択 子供を持たない楽しさ』亜紀書房、ISBN 4750592080
という著書があるようだが、Googleに聞いてみると、個人のblogなどには大学生の子供がいるという情報も見つかる。仮に子供が二人未満だった場合、なんというか「お国」に対する後ろめたさの裏返しなのかな?とも思ってしまう。
さらに関係ないかもしれないが、政治家としてはキ印たっぷりな社民党党首福島だめぽ氏、弁護士として出演しているTBSラジオゆうゆうワイドの「テレフォン身の上相談」ではそれなりのソーシャルスキルを発揮していて、さほど違和感はない。弁護士としての手腕は水準に達していると思う。
プロフィールを見ると大学(学部)卒業に6年かかってるんだね。東大だから司法試験のためにわざと留年してたかもしれんが。司法試験合格は卒業の4年後。こうやってみてみると抜群のエリートというわけでもなく、それなりに苦労もしてるんじゃないかと思うのだが。

苦労と貧乏は人を変えるな。善くも悪くも。

|

« 私の名はゴア。 | Main | ソリューション。 »

Comments

そうするとあれか
「美しい国日本」は
・日本以外の国は美しくない
という意味で捉えたらいいんかね。
北からじゃなくて東の方から核が飛んでくるよ。

Posted by: ばさら | Wednesday, February 07, 2007 at 19:44

彼が「健全」と言ったとき、家族のことではなく国家運営のことが頭にあったんじゃないの。
そうした枝葉末節を取り上げて辞任しろというのはどうかと思うね。
言葉尻を捕まえて難癖をつけてる野党の方がよっぽどキチガイじみてる。リアルタイムでトンデモ発言、トンデモ行動をしてる社民党や民主党のどの口がソレを言うかと。

「健全な家族」という表現は確かにふるい考え方だろうけれど、じゃあ新しい家族のあり方ってえのは誰かちゃんと考えているんだろうか。
家族というのは社会の中の経済単位だが、その単位を曖昧にしておいては社会運営のコストが上がる。彼の言葉や考えが旧弊だというならば、新しい(幸せな)現代の家族像を誰かきちんと定義しなおして欲しい。

Posted by: blogpetのnomad | Wednesday, February 07, 2007 at 21:49

子供減っちゃっても平気なシステムを構築する方にシフトチェンジしてくれんかのう。

ものっそい不毛ですだ。(なんでLotRのサム口調)

Posted by: koz | Wednesday, February 07, 2007 at 22:58

>> ばさらくん
遠い東の人たちは自国以外に興味ないから平気じゃない?
近い西はどうかわかんないけど。

>> blogpetのnomadさん
実際に家庭を持ってる方が言うと深いですね。
とりあえず男女(両親)別姓になれば新しい家族ってことらしいですよ。
夫婦別姓、世論の賛否は拮抗 内閣府調査
これも若者の右傾化でしょうか。

で、マスコミ・野党を含めて、どうにかして柳沢を降ろしたい勢力があるんですかね。なんでかわかんないけど。そんで内閣には降ろせない事情があるんでしょうか。
柳澤伯夫
Wikipediaを見るかぎり、こういう人なら辞めちゃってもいいや。ただその経緯は見過ごせないし、どこか憎めないじいさんという感じはする。

>> kozさん
ドラム式のタイムマシンに乗って。。。(オタクの基礎教養と思われるLotRがわからないわたくし)

Posted by: udon | Wednesday, February 07, 2007 at 23:35

洗濯機ってずーっとドラム式だよねぇ。
あれを表現するなら斜めドラム…。
と、どこかで誰かに言いたかった。
言ってやった。ざまあみろ。

Posted by: ばさら | Thursday, February 08, 2007 at 22:35

> 夫婦別姓
ところがさ、けっこうコレがコスト高なのよ。
離婚率も高いしね。
経済単位のひとつである「家族」も安定してもらわないと社会が安定しないのな。
社会に負担を強いるコストが高くても理想を実現するのだ、という人の言葉を僕は信じないですねえ。
ただ珍奇なものをありがたがってるだけだろう、と。
中国では男女同権で夫婦別姓だけど離婚率は平均では高くない。
国の大部分はド田舎ばかりで旧弊な封建主義社会で、その上国家よりも家族しか信用しない家族中心主義の文化が根付いているから。

スウェーデンのように婚姻自由化して家族制度を解体する方向に向かうのか。
中国のように封建的社会で縛るのか。
どっちの社会もそれなりに個人の幸せはあるんだろうけど、そういう社会を僕たちは受け入れていこうとするのか。家族制度の選択、って言ったって結婚する時のコミュニティ同士の文化の齟齬によって軋轢は発生するんだから、「個人が選択すればいい」とは単純にはいかないんじゃないかなあ。
日本の国の文化をどうするのか、ってことなんだからさ。

Posted by: blogpetのnomad | Thursday, February 08, 2007 at 23:44

>子供減っちゃっても平気なシステムを構築する方にシフトチェンジしてくれんかのう。

かねがね思ってたけど先進国の人口が増えないってだけでかなりの省エネだよね。

今はまだ資本主義競争社会で豊かな国でさえ少子化労働力不足の問題は解決できないけどもっと科学が発展したら人間あんまり働かなくてもみんなが食ってけるようになるんだよきっと。


ってなことをマルクスも言ってた

Posted by: kon-beef | Friday, February 09, 2007 at 06:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/13821802

Listed below are links to weblogs that reference 柳沢、だめぽ。:

» 柳沢失言シリーズ第2章「子ども2人以上が健全」 [しっとう?岩田亜矢那]
真意としては 「日本の人口を維持する為には、少なくとも夫婦二人から、二人の子供を産み育てる必要がある。」 なんて所にあったのかもしれないが 今、こんな発言をすると火に油を注ぐ事になるのが判らなかったのであろうか? この柳沢伯夫厚生労働相の本職は経済。 日本の人口問題についても、経済問題のように「数値」でしか見る事が出来ないのではなかろうか? 結婚・出産・子育てという、人の心・日々の生活という 単純に「数値」で測れない物についても計�... [Read More]

Tracked on Wednesday, February 07, 2007 at 15:27

» 柳沢厚労相の「子供2人が『健全』」発言に思う [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
「産む機械」発言で波紋を広げた柳沢厚生労働大臣が、2月6日朝、閣議後の会見で少子化対策について自身の言葉で述べられたことが、またもや物議をかもし出しています。柳沢厚労相の発言の「子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる」の「健全」という部分に、....... [Read More]

Tracked on Thursday, February 08, 2007 at 02:01

» 柳沢再発言:マスコミ再度卑劣な発言加工で印象操作:拉致問題潰しへ執念? [雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う]
(2/7 0:30追記・改題) またもマスコミは発言を切り取っての卑劣な印象操作. どうして >> 結婚 し 2人以上の子どもを 持ちたいという(若い人の)極めて 健全 な希望にフィットする政策を考えていかないといけない」 ↓ >>「結婚・子供2人 極めて健全」 柳沢厚労相が発言(朝日新聞) となるのか. 「結婚・子供2人 極めて健全」 ↑ 「結婚して子供が2人いるのが健全だ」 ならわかるが,大臣はそんなことは一言も言っていない. まったくのこじつけだ. 【これより元記事】 http://www.i... [Read More]

Tracked on Thursday, February 08, 2007 at 16:45

« 私の名はゴア。 | Main | ソリューション。 »