« 何か問題でも? | Main | こけた。。。 »

Thursday, February 01, 2007

百万という数について。

日本ではCDや本の、なんだ、販売数?のマイルストーン的な意味合いでミリオンセラーという言葉が使われる。ということでCDが100万枚売れるということについて考えてみる。
仮に100万枚すべてが(ブックオフ等の在庫ではなく)消費者の自宅にあるとして、まあ1年に一度ぐらい聴くとする。1枚のCDに約1時間収録されてると仮定する。1年は24*365で8,760時間。100万を8,760で割ると、およそ114という数が出てくる。つまり、100万枚売れたCDを年に一度ぐらい聴いてると、日本のどこかで同時に114人ぐらいが聴いてる可能性があるということ。か?かなり大ざっぱな計算だが。
と、なぜか今BOOWYの"Psychopath"を聴いて思ったことを書いておくメモ。

|

« 何か問題でも? | Main | こけた。。。 »

Comments

ミリオンセラーのCDは、もっとヘビーローテーションで聴かれており、実際は、同時に1000人くらい(少なくとも)聴いてるんじゃないか、、、と思いながらも、発売時期から右肩下がりで、その人数は減っていくと予想してみたので、メモ。

Posted by: ちなり | Thursday, February 01, 2007 12:51

120ミリオンで国民の頭数になっちゃうからなあ。大陸だとビリオンセールス!とか景気のいい数字もありなのかしら。

Posted by: 赤の9番 | Friday, February 02, 2007 02:29

90年代ミリオンの多くは所詮バブルだったので多くがブックオフで10円とか買い叩かれて不良在庫になってる気がします。なので、年1回再生ってのはわりと控え目な仮定のつもり。

BRICs 人は多いが恐るるに足らず!
…ビリオンて10億すか。いややっぱ脅威かな。

Posted by: udon | Sunday, February 04, 2007 15:24

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 百万という数について。:

« 何か問題でも? | Main | こけた。。。 »