« 新。 | Main | headline070415 »

Sunday, April 15, 2007

オタクとアイドル。

黒川芽以:グラドルに偏見あった?小阪由佳と「いまは親友」 映画「学校の階段」
藤子不二雄作品みたいな視線の低さ?子供特有の視野の狭さが世界を支配していておもしろそう。よくわからんか。
ところで黒川芽以といえば、
【ドラマ愛の詩】天使みたい
これが現在のところ最高傑作だと思うのだがDVD化しないんだろうか。しないんだろうな。いい作品だった。いろんな意味で。実家のD-VHSに眠ってる。

Sunday, April 15, 2007 at 02:05 追記:海原はるか・かなたではない。

統一地方選:渋谷区長選 オタク評論家の宅八郎氏が出馬
写真がいいので。よくわからんがてきとーにがんばれ。シブヤの街はCool Japan?

|

« 新。 | Main | headline070415 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オタクとアイドル。:

» 「ミス・ドラキュラ」6巻読んだ。 [ランプサクス 〜ディープの世界〜]
藤子不二雄Aの。 なんと、これ「女性セブン」連載だったんだよね。 「女性セブン」って、懐が深いなあ。 正直なにがおもしろいのかさっぱり説明できないのだけれど、おもしろい。 なんなんだ、これ。 藤子不二雄A先生のはたいていそうだけど。 普通のサラリーマンやOLの日常を「バカダヨネー」って見せてるだけなんですが。 オチも別にひねりもなく。 でも、なんかおもしろい。 ミス・ド�... [Read More]

Tracked on Tuesday, April 17, 2007 11:19

« 新。 | Main | headline070415 »