« 命とiPodについて。 | Main | 石原当確 »

Sunday, April 08, 2007

real or fake?

どうも。電車で他人の腕時計をチェックするのが趣味になりつつある者です。

ところで先日、ゼニスのレインボーフライバックつけてる人がいたんです。

ゼニス エルプリメロ・レインボーフライバック 輸入元希望小売価格 609,000円 (税込)価格 266,000円 (税込279,300円) 送料別

こんなん。質流れの中古ならわりと安く買えるんだな。
で、その人はクロノグラフ(ストップウォッチ)を動かしっぱなしにしてたんで秒針を見てたんですけども、なんか針の送りが粗いの。エルプリは36,000(10)振動のハイビートだから「流れるように滑らかに」針が動くと言われている…はず(実際エルプリの本物?が動いてるとこは見たことない。ハイビートのグランドセイコーはすごくなめらか)。見た感じ28,800(8)の7750より粗い。僕のセイコーと同じくらい。21,600(6)のロービート。
エルプリも偽物があるのかねえ?
スモセコが動いてたからクロノグラフ機能自体はフェイクじゃないと思うがいまどきロービートの安いクロノムーブってロシア製とかか?ガワは本物も安っぽいらしいからよくわからじ。

以下、あまり関係ないアフィリエイトリンク。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル / Ref.3570.50 【新品】【送料無料】定価 336,000円 (税込)価格 180,953円 (税込 190,000 円) 送料込


オメガ スピードマスター 3570.50 メーカー希望小売価格 336,000円 (税込)現金特価 190,000円 (税込) 送料込

スピマスプロも並行なら結構安い。ただ持ってる人が多いのよね。定番すぎ。スーツ着る仕事なら無難でいいのかな?

|

« 命とiPodについて。 | Main | 石原当確 »

Comments

ああー、そういやゼニスって、こんなんなっちゃったんだよなあ。
以前はもっとずっとシックだったのに…
一時、世界中の腕時計が一斉にハデハデ方面にいっちゃったよね。IWCもGSTとかさ。
こんなハデハデにするくらいならG-Shockでいいじゃん、って気になったのであったことよなあ。
今のゼニスのクロノマスターだとどのくらいなんだろ。やっぱり60万くらいすんのかな。
平行輸入品でもいいけど、機械式の時計ってちゃんとアフターサービスやってもらえる店で買わないと、修理に出して壊されたりするからなあ。

Posted by: blogpetのnomad | Monday, April 09, 2007 02:11

シック系のブランドが派手なの出し始めたのはアランシルベスタインが出てきたりスウォッチブームがあったころからかも。

クロノマスターって名前で検索してみた。
なかなかムダがなくてよさげ。正規の定価で50万円台〜70万円程度みたいです。
IWCはいまいちコレという訴求力に欠けるモデルしか見つからじ。落ち着き感あり。
水道と歯ブラシでゴシゴシ洗えるやつキボウ。

ただの機械式じゃなくてクロノグラフはオーバーホールやなんかもそれなりの手間と技術を要するんでしょう〜、という程度のことは漠然とわかります。

Posted by: udon | Monday, April 09, 2007 02:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference real or fake?:

« 命とiPodについて。 | Main | 石原当確 »