« headline070516 | Main | One for All, All for One. »

Wednesday, May 16, 2007

階級固定の危惧。

自転車同士が衝突 71歳女性死亡 大阪
おばあの自転車は全般的に動きが危なっかしい。若者は自分自身の運動能力を過信している。そして双方ともに無灯火だったらしい。

見せたくない番組、トップは4年連続「ロンドンハーツ」
一時期、急にゴールデンでいくつもレギュラー始まったのがほとんど深夜に移って(戻って?)フェードアウトしたね。

見せたくない理由で最も多かったのは「内容がばかばかしい」(75・6%)
ばかばかしいだけなら大した害じゃない。まあ、ばかばかしくない笑いもいろいろあるのだがそれはまた別の話。
ロンブーの番組をたまに見ると、そのほとんどの要素が「ダマシと嘲笑」にすぎない上に、なぜかロンブー自身、特に歯並びが異常によくてダミ声の方は、何の根拠も後ろ楯もないまま一段上から他を見下す位置にいて降りてこない。小学生ぐらいの社会における支配階級の構造と相似だ。
そもそもロンブーは基本的に格上と絡まない。お笑い的に「おいしい」メソッドとは別の価値観で動いてる。つまり、ひらたく言うとおもしろくない。
子供は品位に欠けることをおもしろいと勘違いしがちな生き物だ。

東京都:年収500万円未満世帯、初の過半数 過去最多
500万じゃ都内で子供育てるのはきついだろうね。格差をひっくり返せるのが教育のはずなのに。

無作為に選んだ都内の計6000世帯を対象に実施、3775世帯から回答を得た(回答率63%)
これくらいならきっと統計として有意なんだろう。
所得格差の意識調査(複数回答)では、所得を決める望ましい指標として「本人の努力・実績」を選んだのは79%と最も多く、能力主義への期待の強さが表れた。
まだ能力主義とか言ってんだ。能力主義なんてその能力とやらを評価するやつの能力と、あとはさじ加減ひとつだからなぁ。
とりあえず能力主義って言っとけば基準も曖昧なまま能力を評価した結果なんつってなんでもありだもん。努力はしてるけど、てんで的外れの努力であることが多々あるわけだし。これが努力?これが能力?これが評価されんの?と思ったことは、近年の社会人ならば何度も経験があることだろう。

|

« headline070516 | Main | One for All, All for One. »

Comments

調査に答える層っていうバイアスで濃く出てるんじゃないかなと>能力主義。謝礼はいくらだったんだろね、この調査(w。

Posted by: 赤の9番 | Wednesday, May 16, 2007 at 23:26

ネットのアンケートサイトだと1件3円〜200円ぐらいですね。
まとめると、薄謝でアンケートに答える貧困層は能力主義を信じている、ということか?

Posted by: udon | Thursday, May 17, 2007 at 00:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/15095611

Listed below are links to weblogs that reference 階級固定の危惧。:

« headline070516 | Main | One for All, All for One. »