« fuckin' scene! | Main | ボヌール? »

Wednesday, August 08, 2007

東京そば食べ歩き。(初心者編)

神田にそばの名店があるという話を聞きつけて、ちょいと行ってきましたよ。
まず、かんだやぶそば
もう佇(たたず)まいからして江戸の風情。

こんなだぜ。このへんは空襲を受けなかったのだね。店内の雰囲気が伝統を感じさせる。たかがそばを食べるのにやや緊張してる自分!
ピュアなそばを食べるのが目的なので、せいろう(せいろ)そばを注文。いわゆる、もりそば?プレーン。レジというか番台みたいなとこにいる人が歌う。「せいろ〜ーーーー。」

薬味はねぎとわさび。つゆがやや濃いので、江戸っ子みたいにそばを半分ぐらい漬けて手繰(たぐ)る。ずるずる。うーん、フツウ。まぎれもなく、そば。間違いなく、そば。the そば。単純に香りとかを求めたら緑のたぬきの方が強い。香り・味・歯ごたえ・のどごしのバランスはよい。
今日はもう一軒行くので、せいろ一枚にしておく。江戸の軽食と呼ぶにふさわしい控えめなボリューム。税込630円。

味 ☆☆☆☆(8/10)
コストパフォーマンス ☆☆☆☆★(9/10)
清潔感 ☆☆☆☆★(9/10)
雰囲気 ☆☆☆☆☆(10/10)

次。神田まつや
こちらも、いかにも震災直後から建ってます、という感じ。

ほい。中は、なんというか庶民的。小津映画(見たことないけど)みたいな世界。注文するのは、もちろんもりそば。

こちらの薬味はねぎのみ。わさびなし。やはりつゆはやや濃い。ずるずる。ずーずるずる。うん、フツウ!そば!やや、なんというか固いというのとは違うんだが、しっかりした歯ごたえ。量も小腹にジャストフィット。税込550円。

味 ☆☆☆★(7/10)
コストパフォーマンス ☆☆☆☆★(9/10)
清潔感 ☆☆☆☆★(9/10)
雰囲気 ☆☆☆☆★(9/10)

まとめ。
そば好きか?と問われると、いまいち自信がない。おいしいとは思ったが、そばはそば以上の何物でもなさげ。まさにそばそのものであった。まあ、このふたつはそばの名店の基本といふことなので、とりあえず初心者としてまず基本は押さえたという満足感を得られたのでよしとする。
そもそも神田界隈に接触しない人生を送ってきたので、ビジネス街にいきなり古めかしい建物があること自体が新鮮だったのう。

まつやの面してる道路。
単に食欲を満たす、食を楽しむ以上に江戸文化に触れた気がする夕べでしたよ。どちらかといえば、やぶの方が好み。

秋に新そばが出たらまた食べに行ってみよかな。

|

« fuckin' scene! | Main | ボヌール? »

Comments

やぶそばは聞いたことがあります。
麺食いとしては一度は食べに行ってみたい。

Posted by: kara4 | Thursday, August 09, 2007 00:06

どうなんだろうな。
さしあたって味に関しては別に東京じゃなくても同程度の店がありそう。あとは伝統と雰囲気。

Posted by: udon | Thursday, August 09, 2007 23:12

蕎麦なんつうのは「そじ坊」でいいんじゃない?
新橋の砂場で食ったけど、まあ、いい蕎麦だとは思うけど量が少なくて、オヤツだわな。
蕎麦屋っつうのは軽食屋っていうより飲み屋だな、と思った次第。
そのわりには高いじゃないかよ、と。

Posted by: blogpetのnomad | Friday, August 10, 2007 21:42

それが江戸っ子の粋ってもんです。きっと。
僕は栃木育ちなんでわかりませんけど。

Posted by: udon | Saturday, August 11, 2007 00:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京そば食べ歩き。(初心者編):

« fuckin' scene! | Main | ボヌール? »