« 自殺の必需品。 | Main | 夏休みの出来事。 »

Tuesday, September 18, 2007

日テレ再生工場の謎。

去年?今年かな?ハケンの品格ってドラマあったじゃん。あれ、なぜ今、篠原涼子?という疑問を抱いた視聴者諸君は少なくないだろうと信じているのだが。そして我々の頭の上にでっかいハテナを出したまま、それに連動するように他メディアにも急激に露出が増えてきたことだ。
で、

働きマン

…なぜ今、菅野美穂?
いや嫌いじゃありませんよ。どっちかっていうとむしろ好きかもしれませんよ。代表作?「イグアナの娘」とか見てませんでしたけども。あれも漫画原作か。そもそもドラマ見ないんで。

こういうのさ、所属事務所がテレビ局なり制作会社に企画を持ち込むんだろうかね?「うちの菅野どうすかね?そろそろ一巡したころだと思うんですけど」とか言って。最近CMも増えたでしょ。チオビタはエロス!

小林武史プロデュースと同じで忘れたころにやってくるサイクル。

あんま関係ないけど「働きマン」はちょっと前にCXでアニメ化したよね。ユニコーンの「働く男」をPuffyが歌ってた。

|

« 自殺の必需品。 | Main | 夏休みの出来事。 »

Comments

作者が推したらしいっすよ。

Posted by: もも | Tuesday, September 18, 2007 19:28

ども。
まあわからんでもないけど、実写化するときどこまで原作者の権限が及ぶんだろうか、と過去のマンガ原作実写ドラマ化作品例をみるに、テレビはテレビ屋にまかせとけって言われちゃいそう。

あるいは「菅野美穂?今?」

あと、ドラマだけじゃなくCMにも露出が増えたのは説明がつかないのであります。

Posted by: udon | Friday, September 21, 2007 00:24

パターンってのはないけど、たいていは企画からはいるとプロデューサーやディレクターの一存、原作の人気からはいると作者の希望、ってのはよく聞く話。

事務所の営業が出やすいのは、脚本から入ると脚本家のエゴというパターンかも。
原作をけがして全体が駄目になるのもたいていコレ。

リサイクルにはシンクロニシティは無視出来ないもので...というか、たいていは喫煙ムールでの雑談が作用しているかも。

Posted by: Aruyo | Friday, September 21, 2007 16:08

原作クラッシャーって言葉もありますからねえ。まあ、いろいろ一斉に進めていかないと波が起こらない感じはします。>シンクロニシティ

Posted by: udon | Sunday, September 23, 2007 03:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日テレ再生工場の謎。:

» 働きセブン。 [生きた証を刻め。]
まず、両手でピースサインしてみ。次に、その人さし指と中指をくっつける。で、手のひ [Read More]

Tracked on Tuesday, October 09, 2007 21:13

« 自殺の必需品。 | Main | 夏休みの出来事。 »