« CEO!シーイーオー! | Main | 馬脚を現す。 »

Tuesday, November 20, 2007

フランス人の味覚は信用に値するか?

「ミシュラン」日本で初の格付け、東京に三つ星8店
格付け「ミシュラン」アジア進出、東京の8店に三つ星評価
すきやばし次郎が三つ星。どんな店なのか、ぐるなびのクチコミを見てみた。

まとめると、
・昼でも夜でも予算は2万円以上
・おまかせのテンポが速く、所要時間は15分〜25分程度
・メニューは寿司以外に何もない
・味は一流店の中では普通
・店内は独特の緊張感で殺伐としている
・一部の批評家によって神格化されたカリスマとの真剣勝負?だがカリスマは滅多に握らない
・味よりも文化的背景にお金を払うタイプの店
ということらしい。

ミシュランの調査員、寿司屋あんまり知らないんじゃないか?5人のうち日本人は2人しかいないみたいだし。

まあ僕は雛鮨のランチ¥1,050ぐらいが身の程に合ってるから関係のねえ話でございます。

|

« CEO!シーイーオー! | Main | 馬脚を現す。 »

Comments

内容より過程。
結果より儀式。

審査のジェントリ達がそこの価値を見いだしたのたとしたら、ある意味日本通なのかな?とか思ったりもして。

ノマドな私にも無縁...。

Posted by: Aruyo | Tuesday, November 20, 2007 16:13

格付け機関とぐるなびの集合知、どちらが正確かってことですな。

それにしても、食事に600円以上かけるなんて。

Posted by: つぼ | Tuesday, November 20, 2007 19:35

もとはといえば寿司もジャンクフード/ファーストフードだったわけやけどねえ

蕎麦屋がなぜないのか、とか2ちゃんでは言われていたもより

Posted by: blogpetのnomad | Tuesday, November 20, 2007 22:01

>> Aruyoさま
変に「日本的」を意識しちゃうとCool Japanみたいなことになるんじゃないかと愚考。郷紳恐るるに足らず。

僕は小作農タイプです。

>> つぼさま
基本的には集合知を信じたいんだけど形成される過程を把握してないと信用できない。2ちゃんねる然りWikipedia然り。

渋谷の飲食店は安い。安いけど600円はちょっとつらい。

>> blogpetのnomadさま
そうそう。なのに、ちゃんとした寿司を食べるには予算1万円以上かかるものなんでしょか。その金額だと相当なミラクル寿司に巡り会わないと元が取れない気がする。

蕎麦なんてフランス人が考える日本的なものの代表だと思いますけどねー。寿司よりも「道」を感じる。

Posted by: udon | Wednesday, November 21, 2007 00:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランス人の味覚は信用に値するか?:

« CEO!シーイーオー! | Main | 馬脚を現す。 »