« 1991 | Main | Buddhist against Communist? »

Saturday, April 12, 2008

Freedom of thought and conscience shall not be violated.

いい歳してサヨクごっこなんかやってる人たちに最高裁からのプレゼント。

朝日
ビラ配り有罪確定へ 被告ら「民主主義の危機」
立川ビラ配りの3人、有罪確定へ 最高裁が上告棄却

読売
立川反戦ビラ事件、最高裁が上告棄却…市民団体3人の有罪確定へ

毎日
ビラ配布:表現の自由、一定の制限…範囲明示が必要
ビラ配布:有罪確定へ…市民運動に危機感

産経
ビラ配布の官舎立ち入り、最高裁が上告棄却 市民団体3人の罰金刑確定へ

各紙おおむね予想通りの反応。

ビラを配ること自体に犯罪性を問うてるわけじゃないのでこれでいいと思う。これが適法(あるいは公益目的のために違法性が阻却される)ならば、勝手に人んちに上がりこんで居間にビラを置いてく自由すら保障されかねない。

思うに、この件の本質は構成要件該当性とか刑法(法律)で論じられるべきレイヤーの話ではなくて、憲法で隣人に保障された内心の自由との競合ではないかと。
毎日が商業ビラとの法的整合性について言及してるでしょう。反戦ビラは、その思想性の強さがゆえに、日本における最高裁の判例上は表現の自由と同様に価値的優位性と機能的脆弱性をもって保護されるべきとする精神的自由権であるところの思想・良心の自由をより強く侵害すると思うのだがどうか。

こういう当たり前の判決が出たところで君ら街頭でビラ配んなさいよ。か、※未承諾広告で。勝手に人んち入っちゃダメ。
まあ民主主義の根幹、の一部ではあるんだろうが、民主的支持を受けてない人たちにかぎってそういうこと言うのね。変なの。

|

« 1991 | Main | Buddhist against Communist? »

Comments

「目的は手段を正当化しない」
という、まったく単純な話で。
正しい判断でよかったよかった。

Posted by: さるた | Thursday, April 17, 2008 21:23

目的が手段を正当化してしまうならば、テロリズムの考えがまさにそれですね。

おそろしいことです。

Posted by: udon | Thursday, April 17, 2008 22:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Freedom of thought and conscience shall not be violated.:

« 1991 | Main | Buddhist against Communist? »