« 燃費メモ。080819 | Main | 命は燃やしつくすためのもの。 »

Tuesday, August 19, 2008

命を(他人の)金で買う話。

これよく死ぬ死ぬ詐欺とか言われるけどむしろ恐喝だと思うの。金を出さなければ子供が死ぬぞと。

善の成さざるを以て罪と看做す。

どこに由来するんだかよくわからない生命倫理観。仏教なのかな。タイなんかで街角にいるという「おっちゃんにお金を払ってカゴの中の鳥を放すことにより功徳を積む」みたいな話。

この子、そりゃ大層気の毒だとは思うけどさ、まず治る見込みがあるんだかどうだかよくわからないんだよ。そこをはっきりさせてくれ。

ふつうのヒルシュスプルング病は5千人に1人ぐらいの割合で出てくる病気で、乳児のうちに手術、就学前にはほぼ根治するものらしい。日本で何回か手術して治らなくて、海外で臓器移植すれば望みはないでもないってレベルの難病だったらそりゃもともと助からない命ではないのかいな。

ふつうの医療を受けてふつうに死んだはずの命が、募金で延命治療を受けてるだけだったらそれは本人にとってはむしろ残酷なんじゃないか。
出どころが曖昧な他人の金を湯水のごとく注ぎ込んで、結局のところ「やっぱり命はお金では買えないのでした」ということを学んで終わりっぽいよ。

何でも情に訴えればいいのか?

それと、なんでこの手の募金ネタはみんな子供なんだろう。
人の親になったことがないから感情移入できないというのは認める。

僕は、子供は無限の可能性を秘めているとかいう美称が嫌いだ。いや、大嫌いだ。うちの子が一番かわいいとかそういう親バカの戯言の類いだと思う。
「無限の可能性」の結果として何を想定してんだかさっぱりわからないし独裁者や殺人鬼にならないともかぎらない。ニートだってマシな方。むしろ過去の実績から言えば「何にもならない」人が圧倒的じゃないか。

2億円あったら僕の鬱病やら何かよくわからないヤマイも治るかもしれませんが死なないからだめですか30代だからだめですかそうですか。

目標5千万って簡単に言うけどフリーターの生涯賃金がそれくらいだぜ。つまり、現時点ですでにフリーター3人分の命と人生を背負っちゃってんだよ。その8歳の両肩にさ。業が深すぎる!

彼らに黙って小銭を投げつけるような器の大きい人間にはなりたくない。

「そうたろう君を救え」募金再開

入院1日につき、およそ100万円が必要
これは根拠(明細)がよくわからないのでスルー。

移植男児の募金を再開 米で手術後、治療長期化

そうたろうを救う会

こっち見ると、

医療デポジット 96,111,100円
滞在医療費 4,825,333円
渡航費用 4,575,650円
事務局費 1,719,004円

渡航費用457万って何だいね?さすがにエコノミークラスで行けとは言わないまでも一族郎党医師看護士弁護士がプライベートジェットをチャーターしてやっとそれくらいじゃないかい?
事務局費は何だろう?持ち家だから家賃はかからないよね。通信費光熱費で170万?人を雇ってんのかな?その場合の税金や社会保険は払ってるかな?

そろそろ募金活動は会計監査の法規制を設けたらいいと思うよ。

この子の家、祖父母が所有するビルでコンビニ経営なんだってさ。どういう生活水準なんだろう。1年間フルタイムで働いて200万とか300万しか稼げない、年金も健康保険も払えない、結婚も子供をもうけることもできずに賃貸暮らしの人たちをどう思うんだろう。

生に拘泥するあまりに命の何たるかを見失ってはいないだろうか。

まあ、ブラックジャック「おばあちゃん」でも読んで寝ろ。

|

« 燃費メモ。080819 | Main | 命は燃やしつくすためのもの。 »

Comments

集めといて募金しないという詐欺もあるしね。募金活動は届け出て登録証を貰わないとできないようにした方がいいよ。

将来どうなるかわからんガキに金を投じるくらいなら、それなりに将来性のある研究者に金を出す方が全体最適だと思うのは、おいらに人の心がないからでしょうか。個人でなく法人に投資ってことで株でも買えばリターンも見込めるし。
逆に確実に治るなら保険を適用すればいいと思う。何かの時には自分も確実に救ってくれるという担保があるならね。

よくわかんないけどおいらに2億円ください。

Posted by: つぼ | Wednesday, August 20, 2008 at 00:25

生かすも殺すもどちらも残酷ってこういう状態を言うのでしょうね。。。それでも生かすほうに行くのは生き物の性?

Posted by: 赤の9番 | Wednesday, August 20, 2008 at 00:31

どんな人でもいずれは死ぬわけで、誰かを助けようという行為そのものが徒労ではありますわな。
非論理的で身勝手なエゴイズムなんだけれども、それでも僕は情を取りますけども。
いずれにしろ足掻きであるのならばなおさらに。

Posted by: nomad | Wednesday, August 20, 2008 at 02:02

http://zundoko.turigane.com/home/sinusinu/sinusinu.html
これのことですよね。
募金活動は大人でもやってるけど、子供にばかり集まって、大人は目標金額達成できずに死ぬことも多いそうです。
日本でも臓器移植を!って呼びかけてる団体もあるけど、脳死の判定方法が今みたいに曖昧だと、臓器取り出した直後に自発呼吸し始めたりするし。

Posted by: しおりす | Wednesday, August 20, 2008 at 07:23

裏金で使ったんでは?やっぱ順番の差で色々生じちゃう場合はお金で押したくなるのが親心でしょう。

漂流教室のお母さんみたいなモンで外野がロゴスでものをいっても当事者とその家族はパトスで動いてますからね。

Posted by: koz | Friday, August 22, 2008 at 12:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/42216515

Listed below are links to weblogs that reference 命を(他人の)金で買う話。:

« 燃費メモ。080819 | Main | 命は燃やしつくすためのもの。 »