« 夢のエコ変換技術を追え。 | Main | その体力に羨望。 »

Tuesday, December 09, 2008

no announcer, no future.

高島彩アナ5連覇で殿堂入りへ 2位は西尾由佳理アナ 〜第5回好きな女性アナウンサーランキング〜

まったくいつもいつもオリコンモニターリサーチのスイーツっぷりときたら…。

2000年前後からシフトは始まってたんだが、いまや完全にアナウンサーはアイドルになれない人が就く仕事になったね。時代ごとにトレンドはあったにしろ(低い声ブーム・ちんちくりん娘ブームなど)、もはやニッチアイドルとかB級ですらない。
もうちょっとソフトな言い方するならばSMAPが会社員だったら、といったところか。

採用時に垢抜けねえ娘さんだねえと思ってた人が5年後10年後にいいアナウンサーに育つところを見届ける喜びを君に!

フジテレビ女性アナウンサー一覧(フジテレビ)

90年代後半がごっそり抜けてんじゃんか。女子アナ30歳定年説の世代か。あのころはラジオ向きの人材が多かったと思う。半蔵門から放送してんのに東京で聴けない不思議なラジオことJFNのB1あたりでいい仕事してくれそうだったのに。
こう見ると大橋マキと中野美奈子がマイルストーンだった。別の意味で2000年代のマイルストーンは平井理央と高橋真麻。次点で長野翼。

アナウンサールーム(テレビ東京)

業界全体が地滑り的に揺れ崩れた結果、テレビ東京が20世紀のフジテレビ的なラインナップになってるのは皮肉と言うべきかなんというか。倉野麻里の上智大学理工学部数学科卒はおもしろい経歴だ。この業界、理系は片手で数えるほどしかいないからね。見た目は垢抜けないが既婚。
オリコン的には松丸友紀とかマニアックすぎんのかな。まあいわゆる美人ではなさそうだし。(美の基準に自信がない)

アナウンサー名鑑(TBS)

この10年で中堅を育てるのに成功してるのはTBSじゃろう。30代にいいタマ多いもの。小倉、小島のツインタワーから竹内、広重あたりはもう貫禄すら感じられる。

…秋沢さん、まだいるんだな。
日本アナファン界(当時)を支え育んだ本人作成公式サイトのひとつpoli-chan.comは2003年の秋ごろ終了したようだ。

日テレとテレ朝は守備範囲外なので略。
NHKはクボジュンの反動がまだ収束してない感があるのでいずれ。

Tuesday, December 09, 2008 at 23:31 追記:滝クリ&小林麻央らで新事務所設立

こんなの知ってた?なんだこれ業界再編フラグ?

|

« 夢のエコ変換技術を追え。 | Main | その体力に羨望。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference no announcer, no future.:

« 夢のエコ変換技術を追え。 | Main | その体力に羨望。 »