« プレゼント選びのコツ。 | Main | 人はすべて食べものと水に依存して生きている。 »

Wednesday, December 17, 2008

公という視点。

日産:派遣社員ゼロに…減産拡大

ねえ、馬鹿なの?日本の製造業。派遣契約の相当な割合を正社員として雇い直すとかならわかるけど。

こんな「経費」削減で「不況」をどうにかできると思ってたら経営なんて小学生でもできるっつの。これ義務教育で公意識を無視してきた結果なのかな?そりゃ経営者の社会的地位も報酬も欧米にかなわないわけだわ。

会社は営利社団であると同時に、いまさら言うまでもなく、雇用や福祉という意味では社会の公器でもあるんだよ。大企業ともなれば、その政策が政府と同様かそれ以上に社会のいろいろな部分へ影響を与える。

こういう利己的な経営(っぽいこと)を続けてたら遠からず世界の市場でも支持を失うね。そして自動車という産業自体が過去のものになるわけだ。

主な自動車関連企業の非正規雇用(派遣、期間)者契約打ち切りの内訳。

トヨタ 3千人前後
日産 2千人前後
ホンダ 490人+270人?
マツダ 1.300人
三菱 3,500人のうち相当数
スズキ 600人
いすゞ 1,400人
日野 2,200人
日産ディーゼル 200人
関東自動車(トヨタ系) 450人
DENSO(トヨタ系・旧ニッポンデンソー)1,000人以上

ますます自動車は売れなくなる。だって買えないもん。富裕層ビジネスででもがんばんなさい。

もうひとつ問題があるとすれば、企業が、労働者として優秀な人材を選抜する方法を確立してないこと。契約形態が切りやすい順番に切り捨ててみようってだけで。
テレビ東京とか日経関連のメディア見てるとみんなが経営者的な視点を持つことがスゴイみたいな風潮になってるけど、現場の兵隊として優秀になろうという人、あるいは優秀な兵隊を育てる、うまく使うことに関して無頓着すぎる。相互の無理解みたいなものの方が対立軸を描きやすいというか簡単にドラマになるのはわかるけどさ。僕ら平社員の敵は管理職(上司)じゃない。

教育は国家百年の計。
じゃあ教育水準が一定に達したとき、それを背景に育った優秀な労働者やら何やらそういう人的資源をどう使うか、となると、まだまだ全然ダメだね。これは日本にかぎった話かどうかはわからない。

まあ団塊ジュニアが死に絶えるまで戦後は終わらないってことだね。

そこ!安易に小泉改革が悪いとか言わないように。

|

« プレゼント選びのコツ。 | Main | 人はすべて食べものと水に依存して生きている。 »

Comments

最近思うんすけど、労組って今何やってるんでしょうね。一般企業の労組。
馴れ合いが長すぎて役立たずになったか?

Posted by: さるた | Wednesday, December 17, 2008 at 23:19

人切りにも驚くのですが、なにをおいても、トヨタ様が「ラインを止めた」というニュースがショッキングでした。ここまできてるのか、と。

Posted by: 赤の9番 | Thursday, December 18, 2008 at 15:15

日本の労働運動は戦後サヨクの慰みものにすぎなかったような。。。

Posted by: udon | Friday, December 19, 2008 at 00:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/43447880

Listed below are links to weblogs that reference 公という視点。:

« プレゼント選びのコツ。 | Main | 人はすべて食べものと水に依存して生きている。 »