« 革新的に生きる。 | Main | 想像してみるがよい。 »

Monday, December 22, 2008

もうどうにでもして。

日本の大学教育は、その学問なりの価値観に基づく健全な素人を養成するのが目的のひとつです。

日本植民地時代の残滓!韓国に今なお「姦通罪」が残るナゾ

いまさらゲンダイに、ひとことで言うなら「お里が知れる」かな。

> (憲法研究者)
誰だよ、そいつ連れてこいよ(笑)せめて取材しましたってポーズぐらい決めろよ。こういうのは捏造報道にならないの?
> (略)姦通罪は日本植民地時代の刑法が発端だ。明治時代からの姦通罪が、併合先の韓国人にも押し付けられた。当初は妻だけに適用されたが、53年の刑法改正で夫も対象になった。
53年の刑法改正で削除しなかったのは韓国民の意思なんじゃないの?
韓国内で人妻とチョメチョメすると、帰国後でも訴えられる可能性があるから要注意だ。
日本に韓国の統治権は及びません。
日本の場合も刑事罰にこそ問われないが、損害賠償はシッカリ取られることをお忘れなく。
離婚するとき不法行為としての不貞を立証したらね。

「提訴」の使い方も違う。

8歳の女の子と58歳の男との離婚を裁判所が棄却

これも「起訴」と「棄却」の使い方が違う。

「母親に起訴する権利はなく、女の子が自分で訴えられる年齢になるまで待たねばならない」
日本の法的常識で考えると、母親に原告適格性がないなら父親に婚姻の代理権もないはずだからそもそも婚姻が無効。未成年が行為無能力者だと言うならそれも婚姻は無効。

家族法がイスラム教に依拠してるなら実際の法律どうなってんのかわかんない。でもGigazineがイスラム教的な世界を綿密に取材してるとも思わない。

|

« 革新的に生きる。 | Main | 想像してみるがよい。 »

Comments

サウジは確かサウジアラビア人の女性がエンジン付きの乗り物を運転するのも法律違反、というくらい女性が公の場に出てこれないので母親にだけ原告適格性がなくても不思議ではないかなあ・・・と。

うろ覚えですが旦那さんに先立たれた女性がどっかのお店相手に損害賠償を求める裁判を起こしたくてその為だけに男性と再婚して(裁判したいから再婚相手募集!ってやったそうです)再婚相手の旦那が嫁さんのために裁判起こしたって話もあったですよ。

Posted by: koz | Tuesday, December 23, 2008 at 21:41

すげえ。そんな法律あるんだ。っていうかそのコンテキストで言う法律は僕らのローカル世界の法律とは全然別ものですね。

世界は広い。

Posted by: udon | Tuesday, January 06, 2009 at 13:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/43498707

Listed below are links to weblogs that reference もうどうにでもして。:

« 革新的に生きる。 | Main | 想像してみるがよい。 »