« 天国のドア。 | Main | ギャルの連絡先が表示されない問題。 »

Friday, February 20, 2009

動力資源可搬性の一歩。

家庭用カセットガス燃料を使用するガスパワー耕うん機「ピアンタ FV200」を発売

これ企画した人すごいわ。

カセットコンロ用の250g液化ブタンを使う。ひらたく言うとイワタニのあれ。ノーブランドのが100均でも売ってるでしょ。10万円なら社会性が服着て畑耕してるような団塊だったら3〜4家族で1台ぐらい買ってみっかってことになりそう。安全・安心、エコで持続可能(笑)な野菜でも作ってろ。

で、液化ブタンが持ってるエネルギー量はガソリンと比較してどれくらいだろと思ってぐぐってみたんだがインターネッツはこういうのがなかなか見つかんないのな。図書館の方が簡単だろう。

液化ブタン 約12kcal/g
ガソリン 約11kcal/g

大体こんなもんらしい。それぞれ厳密な意味で化学的な物質の名前ではないので誤差があると思う。

カセットLPGの入手性、保存性、安全性、ほぼメンテナンスフリーの簡便さはガソリン(しかも2サイクルだったら混合給油!)の比じゃないね。

ちなみに液化ブタン250gは約3,000kcalのエネルギーを持ってて、耕耘機の出力は約1kW*1時間=1kWh≒860kcalだから、内燃機の効率は860/3,000≒28%ってとこ。悪くないね。

エネルギーの単位がJ(ジュール)じゃなくてカロリーなのは素人なので許してください。

|

« 天国のドア。 | Main | ギャルの連絡先が表示されない問題。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/44116398

Listed below are links to weblogs that reference 動力資源可搬性の一歩。:

« 天国のドア。 | Main | ギャルの連絡先が表示されない問題。 »