« かつての同盟であるところの半島に思いを馳せる。 | Main | 闘うピアニスト。 »

Wednesday, April 08, 2009

オタクの、オタクによる、オタクのための技術。

けいおん!

4月期のアニメはこれじゃね?まあ電波テレビで見てないんですけど。
初期の鳥山明や荒木飛呂彦を思わせる偏執狂的な描き込み。今のアニメはこんなクオリティなんですか。京アニ作品だけ別格?とりあえずアニメの未来がガンダムじゃなくてこっち方面なのはわかった。

早くも世界中の動画サイトを駆け巡ってるようです。おまいらDVD出たら買えよ!僕の中で外国のアニメオタクが好みそうなのはむしろみなみけみたいなの。

まんがタイムきらら連載。芳文社、手広い…。

かなり短いサイクルだけど逆さメガネ(アンダーリム・逆ナイロール)また流行るかな?

で、これ時かけみたいなもんで、おっさんホイホイなんだよ、実は。

Monday, April 13, 2009 at 01:05 追記:BECKみたいな展開は期待してないので大丈夫です。

J-Popは、そろそろバンドブームを必要としている。


Epiphone エピフォン / Elitist Les Paul Standard Plus Faded Cherry WebShop限定特価 117,600円 (税込) 送料込

これ製造はフジゲンかな?EpiphoneのMade in Japanモデルは買っとけ、値が上がるぞー。木工精度は本家Gibsonよりいいかもしんない。というかアメリカンはそのへんテキトー。

Faded CherryというよりむしろLemon Dropっぽい色がなかなかよし。欲を言えばカスタムはエボニー指板だったらうれしいのに。あとピックアップのカバーいらない。とっちゃえ。

Orville終了後のEpiphoneは、ヘッドの角が張ってるモデルは日本製ということでだいたい合ってるみたい。

角が取れてるのは中国もしくは韓国製。


もっともEpiphoneは日本製じゃなくても相当よくできてるんですってよ。最近のギターは3万円でも変にビビったりしないからね。昔は安いギターのローズウッド指板だと指にトゲ刺さったりしたのにな!


Epiphone by Gibson Dot IKEBE特価 35,048円 (税込36,800円) 送料込

むしろ僕は微妙にレスポールとは違う音がほしかったりなんかして。そして安い。

もうちょっとがんばってフジゲンの日本人向けセミアコに手を出しちゃおうか。夢がひろがりんぐ!

初音ミクを政府が海外発信 内閣府の英文誌に「Virtual Idol」

初音ミクの音源がYouTubeに出回り始めたころ、ガイジン(英語)のコメントで「これはJ-Popだろ?そんなに珍しい歌じゃなさそうだけど」みたいなのがあってだな。。。
コンピューター、ソフトウェア、プログラム、シンセサイザー、ロボット、いろんな概念を駆使して「人間が歌ってんじゃないんだよ。Vocaloidなんだ」って説明したらものすげえ驚愕してて微笑ましかったことだ。

|

« かつての同盟であるところの半島に思いを馳せる。 | Main | 闘うピアニスト。 »

Comments

うーむ、そこはいつからまんがタイム枠になったんだろうか。ひだまりスケッチは良かったんで文句はありませんが。
ほんの数年前はエンディングが後藤さん(not邑子)の曲だったりしたのになあ。
それはさておき、京アニのこだわりは別格ですはい。それが作画に反映されるかは作品次第だったりしますけど(苦笑)

Posted by: つぼ | Thursday, April 09, 2009 03:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オタクの、オタクによる、オタクのための技術。:

» 円高は熱病だ。 [生きた証を刻め。]
レスポール買っちゃった。eBayで。(倒置法) GibsonのLesPaul S [Read More]

Tracked on Thursday, November 26, 2009 21:47

» 今の音楽好きな子って可哀想だよな J-POPは死んでるしバンドブームも終わってるし… [【2chまとめ】ニュース速報嫌儲板]
バンド「IDIOTAPE」 シンガポール音楽フェスへ参加韓国のエレクトロニックバンド「IDIOTAPE」が来る9月20日、シンガポールで開かれる「1 World Music Festival2013」に参加することがわかった。所属事務所VUエ...... [Read More]

Tracked on Sunday, August 04, 2013 15:02

« かつての同盟であるところの半島に思いを馳せる。 | Main | 闘うピアニスト。 »