« 夜明けの衝動買いの記憶。 | Main | コンパクト。 »

Friday, May 15, 2009

罪と命とお金の重さ。

石原知事らに1255億円賠償請求へ=「新銀行東京で都に損害」−NPO役員ら

1255億円請求する訴訟を提起するにあたって訴状に貼付する必要がある印紙額は131,520,000円です。

「懲役20年」…目を真っ赤に、涙流す3児の父母

量刑が相当かどうかはわからん。
ただ、この事故のわりと直後に4人目の子供産んでたりとか、言動が変に芝居がかってたりとか、

世間を避け、事故の影響によるパニック障害療養のため、海外転居を余儀なくされた。
このへんは、まあ世間の同情を集められるタイプではないよね。善し悪しは別として、いらっとくるもの。ろくに就職もできず結婚もできず子供ももうけられず、海外なんて旅行でも行ったことなしの団塊ジュニア氷河期世代ど真ん中だし。僕はパニック障害療養のため海外転居なんて選択肢なかったもの。
この世代には人の親に感情移入できる割合が少なすぎる。せいぜいいままで勝ってた分がトントンぐらいにしか見えない。

今林被告の弁護人「感情的な判決、上告したい」

うん。裁判員精度を含めて、司法のありかたを問う裁判になるかもしれんね。

春山九州男(くすお)弁護士は「きわめて感情的な判決で、適用条文の要件を一つずつ積み重ねる作業に欠けている(以下略)」

被害者側にワンサイド感情な判決だとは思う。国家が刑罰権を発動する権限の説明がつかない。
もう仇討ちさせてあげれば?

参考リンク:九州男

|

« 夜明けの衝動買いの記憶。 | Main | コンパクト。 »

Comments

罪と金と聞いて銀貨30枚の話かと思ったよ

Posted by: tower | Saturday, May 16, 2009 at 01:12

銀貨30枚> ユダ?

Posted by: nomad | Saturday, May 16, 2009 at 16:08

こっちじゃないんだー>九州男

ttp://gaylife.co.jp/scene/794/1003/1041.html

Posted by: koz | Sunday, May 17, 2009 at 07:13

死んじゃった子供たちはかわいそうだけど、私もこの両親には嫌悪感を感じる。
光市母子殺害事件の被害者も同様。
裁判員制度なんかより仇討制度に賛成。

Posted by: しおりす | Sunday, May 17, 2009 at 13:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/45024182

Listed below are links to weblogs that reference 罪と命とお金の重さ。:

« 夜明けの衝動買いの記憶。 | Main | コンパクト。 »