« 帯域と遅延について。 | Main | ヽ(>3≦)ノ »

Thursday, September 10, 2009

デジカメ新機軸。

浜崎あゆみのデジカメのCMは、もう全編CGでいいんじゃないか?という話から。

カメラという装置の発明以来、その性能というのは主に「忠実に写る」ものほど高性能とされてきたのではないかと考えるのは易しい。何に忠実かというとまたヒトの記憶に忠実とかいろいろあろうが。

今を遡ること十数年、プリクラ(一般名詞)があれだけ大衆の支持を得たのは、その画素数の少なさおよびダイナミックレンジの低さゆえにアラが目立たない画質、つまり「きれいに写る」という方向性での高性能を早い段階で実現していたからであることは疑う余地がない。

そう考えれば、な?
まあ、もともとギャル顔なんてみんな同じだけど。僕が彼女らと同じくらいの年代だったころは渋カジとか、要はみんな一緒の格好をして安心という流行は若い一時期に経験するものなんだよ。

ちなみにみんな一緒のままジジババになったのが全共闘団塊世代なんじゃねーの?
あと、ひょっとしてcameraとchamberは同じ語源じゃね?

|

« 帯域と遅延について。 | Main | ヽ(>3≦)ノ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/46174616

Listed below are links to weblogs that reference デジカメ新機軸。:

« 帯域と遅延について。 | Main | ヽ(>3≦)ノ »