« 燃費メモ。100107 | Main | 心の価値について。 »

Wednesday, January 13, 2010

Point of View Point.

みなさん年末年始は散財しました?

いわゆる量販店が驚異的なポイント還元率という話をしばしば耳にする今日このごろ、今日は現金値引とポイント還元は等価ではないということについて考えてみる。

計算が間違ってたらハズカスイー。

----

わかりやすいように現金価格20%引きとポイント20%還元を比較してみます。

現金値引で10,000円のものが8,000円で買える。
これは20%引きですよね。わかりやすい。

じゃあポイント20%というと、
10,000円のものを買うと2,000円分のポイントがもらえる。
つまり10,000円で12,000円分の買い物ができる。

10000/12000=0.833333...

これは現金値引率に換算すると約16.7%引きなわけです。

----

ちなみに現金20%引きに相当するポイントは25%です。

10000/0.8=12500

同様に、ポイント10%は現金値引に換算すると約9.1%です。
現金値引10%に相当するポイントは約11.1%です。

----

ポイントというしくみはよく考えたもので、

・付与したポイント消費+αのためのリピートが期待できる
・発行したポイントが100%消費されるわけではない(死蔵≒プリペイドカード商法)
・発行したポイントの多寡に関係なく、売れた商品の金額で売上が立ち、その分の現金が入ってくる
・そもそも当該店舗取扱商品としか交換できないポイントは現金と等価ではない
・現金には在庫のリスクがない

このように多くのメリットがあり、売る側にとっては非常に優れたビジネスだと思いますが、いまいち詐術の類いじゃねえのか?といううさんくささも否めないのだ。

|

« 燃費メモ。100107 | Main | 心の価値について。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Point of View Point.:

« 燃費メモ。100107 | Main | 心の価値について。 »