« 引き際。 | Main | BOOWY meets Roosterz. »

Thursday, January 28, 2010

紙の新聞で読みたい話。

ペンギン くさい の検索結果 約 219,000 件

ペット店長ペンギン泥棒、動物園でバッグ詰め

不審な動きをしていた(略)容疑者に声をかけ、バッグを確認したところ、ペンギンが入っていた。(略)
「ペンギンを返しにきただけだ」
納まり上戸なのかもね。

歌手志望学生を「化粧濃すぎ」…大学講義で中傷

講師を擁護する義理もねえけど歌手は無理だろ。

「ポジティブシンキング」という病 (1)

↓こういうことですね。
----
ある男が長いこと夜尿症で悩んでいた。
ある日、友達が彼に会って最近の様子を聞いた。
『どう?相変わらずベッドでおしっこするのかい?』
『よくなったよ。ありとあらゆる治療をしてみたんだがうまくいかなくて、最後はカウンセリングへ行ったんだ。その効果たるや絶大だね。』
『そりゃよかった。もうおねしょはしないんだね?』
『いや、するさ。でも今は、それを誇りに思っているんだよ。』
----

命を救ったiPhoneアプリ:ハイチ地震64時間後の救出

ハイチ地震救援金募金(iTunesStore)

“アップル・タブレット”はビジネスには不向き

はいはい出てから言おうな。

ブガッティ・ヴェイロン 驚きの超高額ランニングコスト!

11万6千円のバイクの維持費に年間10万円かけてる僕に比べれば大したことないです。

売春宿を認めて! アテネで100人がデモ

密室化しちゃうからか?

やっベー!AndroidがFenderクラプトン限定モデル発表!欲しい!

ブックマッチのフレイムメイプル、しかもサンバーストとくればFendeよりむしろGibsonかな。
iPhoneと同じことができるのを前面に出すんかい?革新の放棄にほかならないと思うが。GoogleはMicrosoftになったのかなぁ。

UKの郵便局、ツェッペリンやピンク・フロイド、ブラーを切手に

イギリスに友人がいる方は是非。

|

« 引き際。 | Main | BOOWY meets Roosterz. »

Comments

アップル社の遊び心のある製品やサービスが、巨万の富を得、何より社会に変革を起こした姿を見てると、「社会イノベーションを云々」とスローガンだけはかっこいいが、その結果が信じられない株価下落という某社の体たらくが余りに情けなく思う。

Posted by: えいてぃーん | Thursday, January 28, 2010 at 23:19

ビジネスの方向性として、うまいこと株価を刺激するやり方ってのもありまして。

弊社はファブレスなので実装技術では日本企業にかないませんなぁ。末端でやってることはマニュファクチュアだし。

Posted by: udon | Saturday, February 13, 2010 at 20:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/47414711

Listed below are links to weblogs that reference 紙の新聞で読みたい話。:

« 引き際。 | Main | BOOWY meets Roosterz. »