« まさか泉鏡花とは。 | Main | 燃費メモ。101012 »

Tuesday, October 12, 2010

国際的な民間の信用について。

【邦人解放】監視員の目を盗みメールで「救命」

まあ解放されてよかった。
中華人民共和国はこういう国です、というメッセージを世界中に発信したわけで。

「保証金」の5万元(約61万円)はクレジットカードで支払ったという。
えっ。。。何カードで払ったんだろ。銀聯?あれは事実上デビットだからなぁ。漠然とVISA/Masterは使えなさそう。AMEXもどうか。Travel&Entertainmentじゃないし。でもプラチナ以上なら付帯サービスで。。。

Orico JCBとかだったらおもしろい。

|

« まさか泉鏡花とは。 | Main | 燃費メモ。101012 »

Comments

多分、誘拐保険が降りたんです。

Posted by: Gul_Dukat | Tuesday, October 12, 2010 at 19:21

お。自動付帯か。プラチナか?

Posted by: udon | Thursday, November 04, 2010 at 03:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/49718236

Listed below are links to weblogs that reference 国際的な民間の信用について。:

« まさか泉鏡花とは。 | Main | 燃費メモ。101012 »