« August 15, 2010 - August 21, 2010 | Main | August 29, 2010 - September 4, 2010 »

Saturday, August 28, 2010

Sumo vs Sagami

もはや「もしかして」とも言ってきません。

東海大相模の検索結果 約 605,000 件(0.21 秒)

東海大相撲の検索結果 約 826,000 件(0.13 秒)

え?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小さい方がいい。

宇宙ステーション補給機(HTV)の愛称の募集について

「つづら」で。
大きけりゃいいってもんじゃない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 26, 2010

Powered by Lockheed Martin.

休みの日だったのでNHK見てたら「ただいま衛星放送が受信できない状態です」とかいう字幕が出た。

衛星デジタル放送の停波について

真っ先に疑ってしまうのはリアクションホイール。あとはスラスターとかかな?電子系ではなさそう。
BSAT-3aはロッキードマーティン社製、アリアン5で打ち上げられた純舶来衛星。

CS/BS 110度衛星とか言うのは東経(経度)だけで緯度は何とも言わない。なぜなら放送・通信に使われる静止衛星(対地同期軌道)は軌道傾斜角ゼロ、つまり赤道上空でしか周回できないからだ。離心率もほぼゼロの真円に近く、対地球公転周期は23時間56分4秒、高度約35,786km。
で、その軌道が混雑して場所取り合戦も大変なのに日本だけでバックアップ用の旧世代衛星がBSAT-2c/2a/1bと3つも回ってる。

簡単のため地球の半径を6,500km、衛星の対地同期軌道を高度36,000kmと仮定すると、直径85,000kmの円だから円周は267,000kmほど。そこに数百からの衛星が…あれ?経度が平均的に分布してたら、間隔は300kmぐらいあるじゃん。まあ実際は通信対象となる地上の人口やら設備の分布にむらがあるから偏ってるんだけどさ。ISSなんかが回ってる低軌道に比べて低速とはいえ秒速3kmで回ってたら、ちょっと姿勢や軌道が乱れたら物理的にぶつからなくても機能的に干渉することはありそう。

…で、どうやって直すんだろう?
ソロモン宇宙協会からロケットガール飛ばすか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 24, 2010

ほぼ真空を漂う音楽。

シャトル最後の「目覚ましソング」を公募 NASA

David BowieのSpace Oddityがない。あたりまえか。

NASA's Space Rock

日本人初のミッションスペシャリスト、ワカタが飛んだときはウルトラマンか何かが流れた記憶がある。そのワカタは今春ISSの運用部長に就いたらしいよ。

Enter Sandman Metallica STS-123 03/11/2008
寝ちゃうじゃねえか!砂男が来る!

大気圏に再突入時「炎、怖かった」 野口さん、帰国会見

この人は外見が朴訥なのが好感度を高めてると思う。。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, August 22, 2010

終わらせない。

ただのブームじゃない。

Amazon限定。

理学的・工学的なミッションはもちろん評価されて然るべき。それと同じかそれ以上に外信の逆輸入という形で報じられた変則的なドラマと、科学教育への啓蒙という意味でも歴史に足跡を残したプロジェクト。

地政学や金融工学もいいが、我々は、もうちょっと自然科学を学んでもいい。

Wednesday, September 1, 2010 at 15:25 追記:

製品概要・仕様
* 男の子向き
そうでもないだろ。
Amazon.co.jp ランキング:: おもちゃ - 18位 (おもちゃのベストセラーを見る)
14位 ─ おもちゃ > ホビー
1位 ─ おもちゃ > プラモデル > 飛行機
ま、まあ飛ぶけどさ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

燃費メモ。100821

204km/9.3l=21.9km/l@¥125.
暑いから衝動買いしちゃったかもしれん。あんまり記憶が確かじゃない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 15, 2010 - August 21, 2010 | Main | August 29, 2010 - September 4, 2010 »