« ふるー | Main | コストの文化的な側面について。 »

Saturday, February 05, 2011

まちがい。

リレンザ吸い尽くした。
まだノドいてえけど時間の問題で治るかな?

栄光なき天才たち(週刊ヤングジャンプ平成元年連載)「宇宙を夢見た男たち」編の1ページ目1コマ目に大胆な誤謬。

栄光なき天才たち

時速3,960kmは、どこから出てきた数字だろう?これだと地球の重力圏を脱出どころか周回軌道にも乗れない。時速3,960km=秒速1.1kmなんてH-II系ロケットだったらSRB-A燃焼終了前、リフトオフから1分ちょっとで出てるよ。まず第一宇宙速度で時速2.8万km以上が必要。第二宇宙速度は対地速度で約4万kmだ。

オーベルト〜フォン・ブラウン編はなかなか読み応えあり。フォン・ブラウンの評価が今とちょっと違うというか、あまり好意的に描かれてないのが時代を感じるというか。ゴダードの章もまあまあ。ツィオルコフスキーの章はあっさりしすぎ。この四人は科学者として大きな功績を残しただけでなく、その生涯はいわゆる偉人の類い。

Saturday, February 05, 2011 at 02:54 追記:そのフォン・ブラウンが中心となって開発した人類史上初の弾道ミサイルV2が液体燃料ロケットで、しかも6千機以上も生産されたというのは驚くべきポイントだと思う。あと誘導装置は機械式だ!

ISS:こうのとり搬送の実験装置不具合

あら初期不良?交換してくれるかなぁ。

|

« ふるー | Main | コストの文化的な側面について。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference まちがい。:

« ふるー | Main | コストの文化的な側面について。 »