« 誰得? | Main | 女神という名のロケット。 »

Sunday, June 19, 2011

基準となるもの。

今ね、日本で国内向けに生産&出荷される置時計の大半は電波時計なんだって。そんで標準電波を出す送信所が原発事故で避難勧告が出て停波しちゃったり復旧したり、今度は落雷でまた止まっちゃったりしてるというのに。

「何かが変だ、みんなが仕事に遅刻しない」イタリアで時空の歪みが発生か

周波数が安定しない電流がコンセントから時計に流れた結果、時計の進みが狂っているという仮説
え。。。いまだにそんな精度で暮らせるというのは、うらやましいくらい吞気な国だなぁ。
日本にも昔、電源の交流周波数50/60Hzを基準にしてる時計あったよ。

本日のお宝 ナショナル 記憶時計(オーディオタイマー)とシチズン パタパタ時計

コレダ(・∀・)!
まさにこれと同じものが実家にありました。意外とジーーージジジジパタッという動作音がうるさい。(似たようなデザインで少し新しいものはクォーツになったようです。)

|

« 誰得? | Main | 女神という名のロケット。 »

Comments

おぉ~
これと似たような時計なら、昔あったよ(笑)

Posted by: アニー | Monday, June 20, 2011 21:28

これ、当時どこに家にもあったというくらいベストセラーみたいです。時計本体に高価で高精度な発振子を内蔵しないという割り切りは潔くていいなぁ。

Posted by: udon | Friday, June 24, 2011 01:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 基準となるもの。:

« 誰得? | Main | 女神という名のロケット。 »