« 燃費メモ。110702 | Main | シリーズ:職場の同僚と潮干狩りに行った »

Monday, July 04, 2011

五角テクノロジー&ビジネス。

2年ぐらい前にRICOHがKマウントのミラーレス一眼を出す?という噂は出てた。まさかこういう形で実現に向かうとは。

「ペンタックスのマウントは強い資産だ」──リコー、買収でカメラ事業に注力

近藤社長(RICOH) コンパクトの未来はモバイル端末と競合していくだろう。写真本来の楽しみ方はレンズ交換式にシフトしていき、その中でも二極化するのでは。
まあ、こういうことですわ。このトレンドを作ったのはiPhoneのハードウェア諸元的に「しょぼい」カメラでの積極的な画作りだった…と信じたい。いい写真とは何か、を再び問いかけた。

ちなみにRICOHは30年以上前にKマウントのレンズ(というかボディも)を売っていたことがある。

XR RIKENON 50mm F2.0

圧倒的に小さなデジタル一眼「PENTAX Q」、写真ファンの評価の分かれ目

どうせ光の物理的な特性が変わらないかぎり撮像素子サイズに由来する画の撮れ方は変わらない。

僕が去年、初めての一眼レフとしてK-xを選んだ理由は、もちろん各種諸元や急激に値段が手ごろになったこと、外装が赤というのも大きなポイントだったことは否めないが、カメラ専門店や家電量販店の展示機の操作感が圧倒的によかったのが決め手。シャッター音がバシバシうるさいのも含めて。
初めは時代錯誤のように感じられた単三乾電池仕様もニッケル水素二次電池の普及まで考えて作ってる。たぶん。。。

|

« 燃費メモ。110702 | Main | シリーズ:職場の同僚と潮干狩りに行った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 五角テクノロジー&ビジネス。:

« 燃費メモ。110702 | Main | シリーズ:職場の同僚と潮干狩りに行った »