« 天ぷら油を火にかけず、片道5年の旅に出る。 | Main | Why not? »

Wednesday, August 10, 2011

Rの名を冠したマシンで宇宙へ行って戻ってこよう!

再利用については言及がない。

回収機能付加型HTV(HTV-R) - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA

HOPEに代わる純国産有人宇宙往還機の夢。見た目が地味なのがちょっと残念。

NASAのスペースシャトルに代表される有翼の再利用型往還機の開発と運用は、流体解析等、航空分野にとどまらない膨大な科学的知見を得たという意味で大きな意義があった。二度の墜落という大きな代償を払ってもなお。

あと見た目がカッコイイ。

もうひとつ、アメリカにおける公共事業としての側面。スペースシャトルが運用を終了することで6千人ほどが職を失うという。中には、あの有名なバスの運転手さんもいるに違いない。

物理学や素材技術から富の再配分まで。あなたの暮らしに関わる宇宙開発です。

|

« 天ぷら油を火にかけず、片道5年の旅に出る。 | Main | Why not? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Rの名を冠したマシンで宇宙へ行って戻ってこよう!:

« 天ぷら油を火にかけず、片道5年の旅に出る。 | Main | Why not? »