« 日本に息づくDeltaの家族たち。 | Main | H-IIA F19再延期。 »

Tuesday, September 13, 2011

こんにちはデブリ。

NASAの上層大気研究衛星UARS(Upper Atomosphere Research Satellite)が落ちてくる。

衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1

地上からロケットで上げたんじゃなくて、ディスカバリーで持ってって軌道上で放出された幸せな衛星。
軌道傾斜角57度ってどういう軌道だ?ISS(国際宇宙ステーション)が51度で離心率も似たようなもん。なぜこういう軌道なのか必然性がよくわからん。より高緯度も含めた観測なら極軌道の方が有利なんじゃん?
ところでこれ世界の環境トピックのメインがオゾン層だった時期に打ち上げられて運用してた衛星なんだね。いまどき誰もオゾン層なんて言わなくなっちゃったよ。とくに低緯度の有色人種が権力を持ってる国では。

極端に低い確率のハズレ引きがちなんで気をつけます。。。

|

« 日本に息づくDeltaの家族たち。 | Main | H-IIA F19再延期。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference こんにちはデブリ。:

« 日本に息づくDeltaの家族たち。 | Main | H-IIA F19再延期。 »