« 燃費メモ。111102 | Main | チャンピオンの誇り? »

Monday, November 07, 2011

天宮一号と神舟八号、交会と対接。

いささか旧聞ですが。

神舟8号、打ち上げ準備整う

中国、「神舟8号」の打ち上げは明日6時58分

神舟8号、11月1日に打ち上げ

ロケットは9月に天宮一号を上げたのと同じ長征2F。
その天宮一号が軌道上で待機しているので、接近rendezvousしてdockingまで無人で行う。今回は自律ではなく地上からの遠隔操作。

「神舟8号」、「天宮1号」と初の無人ドッキング

成功!アメリカ、ロシアに続き、宇宙空間で有人宇宙船のドッキング技術を持つ3番目の国となった。
ここもうちょっとなんとかならんかなぁ。
確かに神舟は同型他機で有人飛行の実績があるけども今回は無人の実験。ESAのATV(欧州補給機)や日本のHTV(こうのとり)は自律rendezvousからdockingまでの実績があり、与圧部を有人化する構想が進行中。

神舟はロシア(旧ソ連)のソユーズのデッドコピー…ではないにしろ、かなりの部分をお手本にしたつくり。天宮も同様にザーリャズヴェズダに相当するモジュールかな?

「神舟8号」と「天宮」の結合ユニット、円軌道に

リブーストも試すんですね。
NASAの歴史におけるジェミニ計画を(今のところ)無人で進めてるような感じ?

韓国専門家、中国の宇宙開発に「成功事例だけでは判断できない」=中国

言ってることは間違ってないと思うけど、とりあえず羅老(ナロ)ロケットを成功させてからな。
宇宙開発、ロケットや各種宇宙機も広義の工業製品であり、最終的に運の要素も排除できない。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」松浦静山
まあ、そういうことです。

|

« 燃費メモ。111102 | Main | チャンピオンの誇り? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1585/53185650

Listed below are links to weblogs that reference 天宮一号と神舟八号、交会と対接。:

« 燃費メモ。111102 | Main | チャンピオンの誇り? »