« January 2, 2011 - January 8, 2011 | Main | January 16, 2011 - January 22, 2011 »

Saturday, January 15, 2011

宇宙 for sale.

アメリカの宇宙開発史に残るグッズ?の数々が売りに出されてます。

RR Auction Autograph Auction, Autograph Catalog, Signed Memorabilia, Historical Documents, Collectible Autographs, Signed Collectibles

おすすめは以下のみっつ。

Apollo 11 Kapton Foil

人類史上初めて月面着陸したアポロ11号の司令船コロンビア(着陸船イーグルでニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に降りている間、マイケル・コリンズが一人で月周回軌道に残っていた)の外装を保護していたポリイミド樹脂製フィルムの切れ端。実物。

#391 - Space Shuttle

スペースシャトルのET(外部燃料タンク=錆色の一番でかいアレ)にSRB(固体ロケットブースター、ETの左右についてる細長いやつ)を固定するためのボルト。SRB燃焼終了後、爆破して切り離す。未使用。

これの2:01ぐらいのとこ参照。
もうちょっとなんかこう、電気的に切り離すのかと思ったら、火薬でボルトごと吹っ飛ばすという野蛮な方法がシンプルで確実に作動するんですって。日本のH-II系のSRB-Aも爆破ボルトでストラット(strut)切断するよ。

#396 - Space Shuttle

しょっちゅうはがれ落ちることでおなじみ、スペースシャトルの耐熱タイル。大気圏再突入の際には1200℃を超える高温に耐えらえる。2003年のコロンビアの事故も、これがはがれ落ちたためと言われている。
羽のように軽いって何でできてんだ?と思ったらLI-900ですって。99.9% pure silica glass=石英ガラスだそうな。磁器みたいなもんだと思ってたよ。体積のうち94%は空気で、比重は0.144程度しかないからたぶん水に浮く。

Kapton以外はアメリカからのみ入札可。
思えば、アメリカも90年代のリベラル政権のとき宇宙開発予算が大幅に削減されたんだっけ。Mars pathfinderとかの時代。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新人?

そうか実写かつ劇場公開映画としては新人に属するのか。

2010年 第84回キネマ旬報ベスト・テン結果発表

書道ガールズ!!見たけど、ふつう。おっさんが見てもリア中高のどっち見ても、たぶんふつう。
成海璃子の何が評価されてるんだかいまいちわからない。
桜庭ななみの足の形を観賞する作品としてはおすすめ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

忘れたころにやってくるアイツ。

オーストラリアの洪水でIT業界にも影響。

一部コールセンターに電話がつながりにくい状態です

IBMのブリスベンはIBMだけじゃなくLenovoyや、まったく別の、複数の企業から外注を受けてたと思う。大丈夫か。

アジア太平洋地域のIPアドレス管理組織「APNIC」が洪水被害

いまのところ人的被害は出ていないようだが、そこらじゅう冠水してるので、逃げる途中でサメやらワニに食われかねない状況だとか!こええ!

北米に甚大な被害を及ぼしたハリケーン、カトリーナのころからディザスタ〜リカバリ〜が叫ばれていたところで、ほんとに忘れたころにやってきた大洪水。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 12, 2011

あかつきの仇。

わざわざ言うほどのことでもないかと思って。

去年の5月、金星探査機あかつきを載せたH-IIA 17号機の打ち上げを見に種子島に行ってきました。2日後まで日程おさえといたのに悪天候(発雷のおそれ)で3日延期になって見られなかったの。。。

写真は、たぶんロケットの丘あたりから。延期決定後に一度ロケット本体がVABに引っ込んだ射点。けーたいの28mm相当*3倍ズーム+8倍簡易フロントテレコン使用。
このH-IIA F17って書いてある壁みたいなやつは去年の秋に解体された。

種子島宇宙センター大型ロケット発射場「PST」解体を開始

で、今月20日のH-IIB 2号機の打ち上げも(も?)見に行ってみることにしました。

NHK ワンダーxワンダー 完全密着!ロケット打ち上げの舞台裏

こんなの見てから行こうと思っても遅いよ。船はともかく飛行機もホテルもレンタカーも取れない。具体的には真麻の父!おまえだ!

H-IIBロケット2号機 飛行計画

あかつきのH-II Aと比べると、ペイロードが重い分だけ一段目でドカンと加速するためにメインエンジンLE-7が1基から2基に、固体ロケットブースターSRB-Aも2本から4本に倍増。
ただし二段目のLE-5は共通なので一段目燃焼終了、分離してからの加速はイマイチ。

第2段ロケット制御落下実験

地味だけどもうひとつ目玉みっけた。

こうのとり2号機を分離した後、機体(H-IIBロケット2号機の第2段部分)の状態を確認し、まずガスジェット装置の噴射により機体を進行方向から逆向きに反転させます。機体が地球を1周回して種子島局可視域に戻ってきた際に、再度、機体の健全性と落下推定点を確認し、制御落下マヌーバ(減速のための逆噴射)の禁止を解除する許可コマンドを送信します。その後、制御落下マヌーバが実施され、機体を南太平洋に落下させる計画です。
え。1時間39分後に地球を一周してきたロケットがもう一回見えるの?まあロケットつっても二段目だけだから合体ロボットの五号機みたいなもんか。

無事に帰ってきたら種子島完全攻略ガイドを執筆公開予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 11, 2011

界王拳2倍。

こないだ実戦投入したPentax K-xに2倍テレコン買ってみました。

テレコン=テレコンバージョンレンズ。レンズとボディの間にかますと焦点距離が2倍になる。そんかわり明るさは1/4になる。
焦点距離が1.4(=√2)倍で明るさ1/2のもあるけど、それだとあんまり違いがわかんないかなと思ったので。

で、作例。
レンズはK-xダブルズームキット付属の55-300mmで、すべて絞り優先オートAEモード、手持ち、ボディ内蔵の手ブレ補正あり。最後の300mm+テレコン以外すべてAFまかせ。JPEGの最高画質モードで無加工。

うちのベランダから見た景色。
参考までに、キット付属の標準ズームだとこんな感じ。
18mm, F3.5, ISO 100, 1/800秒。

テレ端(望遠側)だとこう。
55mm, F5.6, ISO 100, 1/320秒。

で、ここから望遠。
55mm, F4, ISO 100, 1/800秒。

そのワイド端。
300mm, F5.6, ISO 200, 1/400秒。

その望遠ズームにテレコンをかましてみる。
55mm, F4(=F8), ISO 100, 1/250秒。

最大望遠。35mm換算で900mm相当の画角。
300mm, F5.6(=F11), ISO 800, 1/400秒。

ちょっと色温度が下がるね。
200mm, F4近辺まではいろいろ迷ったりしながらAFで合焦(読み方はガッショウでもゴウショウでもどっちでもいいみたい)したけども、それ以上は無理みたい。被写界深度が薄いからMFもシビア。

iMac 20inchのdot by dotで見る分には諸収差ほとんど気にならない、…ような気がする。でもまあ値段のわりに上出来じゃないでしょうか。高いレンズはでかくて重いから持ってくのも大変だし。
TSUTAYAの隣のベスト電器で三脚とか買っちゃうのかなぁ。

ところで絞り優先のオプションで開放固定って機能ないかね?ほら僕いわゆる開放バカなんで、ええ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お金がもらえる!

なんか実家から郵便物が転送されてきました。英語の、あっち特有の雑な紙で。

In re Apple Inc. Securities Litigation

いつのまにか訴訟の当事者になってたらしい。和解金みたいなのがもらえるらしいのだが、さっと読んだ感じだと、もらえても250円ぐらいだと思う。いまいち記憶がはっきりしないのと、モノが実家にあるのでeligibilityが不明確。適格性。

FAQに
Q.ほっといたらどうなるの?
A.権利は自動的に消滅します
って書いてあるから、このままにしといてみよ。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Monday, January 10, 2011

燃費メモ。110109

193km/9.5l=20.3km/l@¥130.
寒いけど耐えられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2, 2011 - January 8, 2011 | Main | January 16, 2011 - January 22, 2011 »