« September 4, 2011 - September 10, 2011 | Main | September 18, 2011 - September 24, 2011 »

Saturday, September 17, 2011

17 -> 18, F19

H-IIAロケット19号機による情報収集衛星光学4号機の打上げ日について

新たな打上げ日を平成23年9月18日、打上げ時間帯13時36分~13時49分(日本標準時)に決定いたしました
え、台風きてっけど大丈夫か?ふたつきてんぞ。

台風情報(台風15号)

台風情報(台風15号)

幸運を祈る!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃費メモ。110916

197km/8.8l=22.39km/l@¥136.
ゴリラ…じゃねえゲリラ豪雨的なものに襲われてドロドロに。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, September 16, 2011

宇宙についてのお知らせ。

宇宙開発(主にロケット)関連の話題に特化した別ブログ始めました。

Fly Me to the Orbit.

僕が地球周回軌道に到達するまでの期間限定です。もしくは飽きるまで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

H-IIA F19再延期。

台風接近のため。

H-IIAロケット19号機による情報収集衛星光学4号機の打上げ延期について

ちょっと考えたら沖縄〜奄美〜大隅諸島は台風銀座だ。無事に上がるかどうか以前に現場で仕事する人たちの安全もかかってるからしょうがねえ。

深宇宙探査機なんかだと打ち上げのタイミングがかなりかぎられるけど極軌道の人工衛星ならそこまでシビアじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, September 13, 2011

こんにちはデブリ。

NASAの上層大気研究衛星UARS(Upper Atomosphere Research Satellite)が落ちてくる。

衛星の破片、落ちるかも 人に当たる確率3200分の1

地上からロケットで上げたんじゃなくて、ディスカバリーで持ってって軌道上で放出された幸せな衛星。
軌道傾斜角57度ってどういう軌道だ?ISS(国際宇宙ステーション)が51度で離心率も似たようなもん。なぜこういう軌道なのか必然性がよくわからん。より高緯度も含めた観測なら極軌道の方が有利なんじゃん?
ところでこれ世界の環境トピックのメインがオゾン層だった時期に打ち上げられて運用してた衛星なんだね。いまどき誰もオゾン層なんて言わなくなっちゃったよ。とくに低緯度の有色人種が権力を持ってる国では。

極端に低い確率のハズレ引きがちなんで気をつけます。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本に息づくDeltaの家族たち。

最初のエントリーでDelta IIの打ち上げ動画を紹介しました。日本のNASDA(当時)が開発したN-IIとH-Iも、そのDelta IIと共通の先祖を持ちます。
無音で眠くなるという珍しいロケット動画。。。

舶来のStrap-on Booster(固体推進剤補助ロケット)Castor IIの9本構成と分離方法は似てるけど燃焼シーケンスが若干違う感じ。H-Iは9本全部同時燃焼してるのに対してN-IIは回転対称の3本を1セットにして時間差で燃焼してる?

なんにしろ燃焼終了後9本まとめて花が開くようにjettison(分離)していくあたりに芸術点を求めちゃうのが日本らしくていいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Delta II with GRAIL.

ケネディ宇宙センターのすぐ隣、ケープカナベラル空軍基地から双子の月探査機GRAILを載せたDelta IIロケットが打ち上げられた。初速…とは言わないか、リフトオフ直後の加速がすごい!なんでこんな加速する必要あんの?ペイロードが軽すぎんのかな。耐えられるのか?

日本のN-IIやH-Iと同じ9本の固体推進剤ブースターが圧巻。しかもリフトオフ時は9本のうち6本だけ点火、t=+80sec近辺で3本ずつ2回に分けて分離と同時に残りの3本に空中点火という合体ロボ的な美しさ!この時間まで光学的に捕捉できてるのもすごい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 4, 2011 - September 10, 2011 | Main | September 18, 2011 - September 24, 2011 »