« September 11, 2011 - September 17, 2011 | Main | September 25, 2011 - October 1, 2011 »

Friday, September 23, 2011

成功!The F19 has flawn away.

ロケットは正常に飛行を完了し、ペイロード(ロケットが運ぶ荷物)である情報収集衛星も正常に分離、軌道に投入されたようです。

H-IIAロケット19号機による情報収集衛星光学4号機の打上げ結果について

あとは数ヶ月かけて衛星自体の機能が正常と確認できたら運用開始。
とりあえずロケット班のみなさん、おつかれさまでした!また長谷展望公園(南種子町の公式展望台)では三菱重工のツナギ着たお兄さんたちが万歳三唱してたかな?

あとは衛星運用班がんばってください。

北朝鮮監視衛星を搭載、ロケット打ち上げ成功

この写真、ニコ生とかUstreamで生中継してた人とほとんど同じ場所から撮ってるね。

情報収集衛星 打ち上げ成功

報道は竹崎展望台に入れてもらえていいなぁ。。。

これでH-IIAは18/19で成功率94.7%になった。基本構成要素の多くを流用したH-IIB 2機を含めると20/21の95.2%だから、積極的な開発を進めている先進的なロケットの中では信頼性はかなりいい方?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホットウォータースプリング2011

どこのフェスだよ。
人生で初めてオーバーヒートっつうやつを体験しました。

こないだの土曜にさ、渋谷の街を神輿が練り歩いてたんすよ。例のあの駅前の交差点で遭遇しちゃって20分ぐらい足止めで。その間ずっとぼんやりアイドリングさせといたら右のひざのちょい上あたりにちょっとした痛みが走ったので、虫にでも刺されたか?え、この東京の真ん中で?と思って見てみたら熱湯がビュービュー噴き出してやんの。沸騰したクーラント(冷却水)をリザーバータンクに戻すホースがなぜか大気開放になって完全に足に向いてて。
いつものコイン駐輪場まで1分弱の道のりだったのでそのまま走り切りました。翌日確認してみたらクーラントが規定レベル以下に減ってたので、さしあたって水道水を補給しといた。そのうち交換した方がいいな。

あ、あと熱湯すごいよ。すぐ乾くよ。熱いもん。

ところでメーターの水温計は赤い範囲には入ってなかった。ありゃなんでああもアテにならないのかね?というか水なんか冷えれば水に戻るんだから水温計いらねえよ。むしろ温度が上がると化学的に変質してしまうオイルの温度が知りてえわ。なんで潤滑系は油圧の警告灯しかついてないのだ?そもそもなんで水温計ついてんだ?と考えたときに、ひょっとして水冷が空冷より高級だった時代の飾りの名残か?

まあ平成元年車の記念ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予想した未来。

こないだ起動時にステータスLEDが5回点滅するMacBook Proみた。なんだこいつアイシテルのサインか?と思ったらバッテリー故障だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

落下物についてのご注意。

10日ほど前にこんにちはデブリ。で記事にしたアメリカの人工衛星UARSが、いよいよ明日あたり落ちてくるもよう。

人生で一度だけ、大気圏に再突入する人工衛星を見たことがある。
1984年か85年の夕方、西の空を南の方向へ横切る火球のようなものが数十秒に渡って山の稜線から見え隠れ。当時は今ほど簡単に情報を共有できる時代ではなくて、すぐには何だかわからなかった。翌日の新聞で人工衛星が落ちたことを知った。

…というのを今の時代に調べたら何がわかるんだろう?と2年おきぐらいにネットで検索してみても、ずっと詳細不明のままだったのが、ついに判明。手がかりになったのはTBSニュースの動画。

1:22付近から甲子園のカメラが捉えた映像。
(・∀・)コレダ!日時から推測するに、ソ連(当時)のKosmos 1685のようだ。

Kosmosは旧ソ連の、事実上Zenit 8と同一の光学偵察衛星である。15日間ほど軌道を周回したのち、撮影したカメラとフィルムを収めたカプセルを機械船から分離して大気圏再突入、回収する。

List of Kosmos satellites (1501–1750) - Wikipedia, the free encyclopedia

おいこらどんだけロケット飛ばしてんですか。バイコヌール宇宙基地とプレセツク宇宙基地の両方から毎週のように、多いときは3日で4回とか上げてるよ。さすがICBMが常時スタンバイ状態にあった時代、世界の半分を支配してた大国は違うぜ。

Space events - 1985


1985 Sep 26 11:15 Cosmos 1685 (Zenit-8, Oblik) launched into 197 x 353 kilometre, 90 minutes period, 72.9 deg inclination orbit from the Plesetsk Cosmodrome by Soyuz 11A511U rocket. Variant of the Zenit photographic satellite with capabilities of imaging at high slant angle.

1985 Sep 28 02:38 Orbit of Cosmos 1685 reported as 356 x 415 kilometres, 72.9 deg inclination with 90 minutes period.

1985 Oct 10 04:48 Cosmos 1685 descent module lands for recovery after being commanded to re-enter the Earth's atmosphere.


zarya.infoより。いいドメイン名だ。
Zaryaはsunrise,dawn=夜明け、日の出を意味するロシア語。ガガーリンが人類史上初めて地球周回軌道に到達したときのバイコヌール宇宙基地(セルゲイ・コロリョフらが率いる地上管制)のコールサインらしい。国際宇宙ステーションの最初の構成要素として打ち上げられた宇宙機にも名付けられている。

米人工衛星:日本周辺落下「可能性小さい」藤村官房長官

軌道を計算できるサイトがあってさ。

UARS - Visible Passes

9/23から先の10日間で検索すると東京のあたりは2回かすめるだけ?バイクに当たって壊れたりしたらすごい記念になるのににゃー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度こそ!F19

どっちの記事も微妙に間違ってんぞ。

H2Aロケット射場に移動 23日打ち上げ

射場へ移動じゃなくて、大崎射場の中で組立棟から吉信第一射点へ移動ですね。N系やJ-Iを上げてた大崎射点とかあのへんの地理感覚は実際に行ってみないとわからないよ!おじゃり申せよ。

H2Aロケット、発射台に移動=情報衛星を搭載―種子島宇宙センター

H-IIAを含むH-II系ロケットは組立棟(VAB=Vehicle Assemble Building)から移動発射台(ML=Mobile Launcher)ごとドーリーに載せられた状態で射点まで移動する。

H-2Aロケット 19号機 機体移動 生中継【予定】 (番組ID:lv64784418)

ニコ生で機体移動の生中継あったみたい。
父の遺言でニコ動のプレミアム会員にはなるなと…いや生きてますけど。親父。たぶん。知らねえけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 11, 2011 - September 17, 2011 | Main | September 25, 2011 - October 1, 2011 »