« October 2, 2011 - October 8, 2011 | Main | October 16, 2011 - October 22, 2011 »

Thursday, October 13, 2011

スペースもったいない精神。

一般的に、ロケットの一段目には構造がきわめて複雑で高価な液体推進剤エンジンが使われることが多い。ほとんどの場合は一回使ったら終わり、燃焼終了とともに切り離して安全な海上へ投棄(jettison)する。

SpaceX Working on Reusable Falcon 9 with Fly-back Boosters

はい、ここでMOTTAINAI精神を発揮しちゃいました。地球を一周して同じとこに戻ってきた一段目、二段目を射場の同じところに軟着陸させようという研究。
Space X本家サイトには動画(イメージCG)がございます。

SpaceX - National Press Club luncheon with Elon Musk

…なめてんのか?と思ったけどもさしあたって一段目に関してはあながち荒唐無稽とも言えないかも?まず地球を一周してくる間に推進剤はほとんど使い果たして軽くなってるだろうし、減速には逆噴射だけじゃなく空気抵抗も利用できる。
打ち上げたその射点にストンと立つかどうかは別として。。。
ただ、フツウのロケットの一段目はそもそもジンバル以外でマヌーバ的なことを行うことは想定してないはずだから、すくなくとも空中でひっくり返るために必要な構造強度を設計し直す必要はある。質量の増加を抑えつつ。

実現すればペイロード単位重量あたりのコストを100分の1にできる!と豪語してるみたい。いくらなんでも100分の1はないだろう。スペースシャトルだって行って戻ってきたらエンジン含めてほとんど全バラシ整備してたわけで、かえって高くつく可能性すらある。何かしら機械を分解清掃・整備してみたことがある男の子(漢の娘を含む)ならわかるよね?

※ただしスペースシャトルは液体水素+液体酸素、Space XのFalcon 9はケロシン+液体酸素

ちなみにSpace X社の創立者である現CEOはPayPalの前身を創立して財を成したIT長者の類いで、Space X以外にTesla MotorsのCEOでもあるのだよ。個人資産300億円ぐらい持ってるみたい。でもロケット飛ばすにゃ十分とは言えない額だなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, October 11, 2011

情弱乙(笑)

ここまでテキトーだともう清々しい。

丸岡いずみ 原稿を噛むと日テレアナウンス室で歓声あがった

元々彼女はアナウンサーじゃないし、中途入社だから局内での実績も乏しい。
もともとキャリアのスタートはUHB (北海道文化放送)のアナウンサーからじゃねえか。中途入社つっても、その前からセントフォース所属で契約キャスターみたいなもんだったし。

こりゃ本格的に生き残るね。紙媒体。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトウェアアップデート失敗 -> セーフモード -> 再起動で復帰。

カナダの通信衛星Anik F2に障害発生、音声通話、データ通信、銀行ATM網、CATVおよび民間飛行機の管制に影響。

Satellite problems ground Nunavut flights

・ソフトウェアアップデートのコマンド送信
・日常的な姿勢/軌道修正(routine maneuver)失敗?
・通信が途絶える
・衛星側が自律的にセーフモードに入る(ソーラーパネルを太陽に向けて電力を確保した状態で待機)
・自動的に再起動、通信再開。ソフトウェアアップデートは先送りにして機能復旧

人工衛星のくせにパソコンみてえなやつだな!

Anik F2 Satellite Returns to Full Service

Anik F2はある程度汎用性のあるBoeing 702型。2004年7月にAriane 5ロケットで打ち上げられた。質量(打ち上げ時の推進剤を含む)は6tに迫る大型の衛星で、Ariane 5GのGTO(静止軌道)ペイロードの上限に近い。
ちなみにAnikとはエスキモー(イヌイット)の言葉で「弟」を意味するらしいぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2, 2011 - October 8, 2011 | Main | October 16, 2011 - October 22, 2011 »