« 古い冗談。 | Main | インフラの更新。 »

Monday, March 12, 2012

二輪人気凋落の正体見たり。

しゃもじ面(ヅラ)。

「Ninja250」疾走!世界のライダーのニーズに応える

これだ。
この「ニーズに応える」ことこそが日本のものづくり、いや企業がめざしちゃダメなところ。

フォーカスグループによって製品をデザインするのはとても難しい。
多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。
もちろん、すべての「ものづくり企業」が"The Second Coming of Steve Jobs"時代のAppleになる必要はない。でもヴィジョナリーがいない業界がどうだったか、この10年を振り返ってみてほしい。

操る楽しさと優れた燃費性能を両立した「NC700X」を新発売 ~「ニューミッドコンセプト」シリーズの国内第一弾モデル~

世界のHONDAに期待するのは、こういうものを作るための技術じゃない。

ホンダ、細部までブラックで統一した大型バイク「CB1100 BLACK STYLE」

何が悲しゅうてこんなのの新車が出てくるのを眺めてなきゃならんのか。
ゼファー乗ってろ!RC30を当時のスペックのまま再生産するほうがナンボかマシ。

[開発者インタビュー] CRF250Lに込めたホンダの想い

こないだCBR150走ってんの見たよ。完全にカブと同じ音。たまたま4スト単気筒だから似ちゃったということじゃなくて、意図的に似せたとしか思えないくらい同じ音だった。

以下オマケ。

ホンダ、NSXを3年以内に復活――NSXコンセプト初披露

…まだトルクスプリットやるの?もういいって。人は最終的には物理法則に忠実なものに回帰するんだよ。

|

« 古い冗談。 | Main | インフラの更新。 »

Comments

ILXコンセプトってやつ、レクサスっぽい。
何かが違う最近のホンダ。
いつかまたホンダ乗ることがあるだろうか。

Posted by: | Monday, March 12, 2012 09:39

フォーカスグループで評価されたってのがないと、書類が通らんのじゃないかな。中の人がいってた、もうただの大企業でちっとも面白くないって、そんな話ばっかりだもの。
二輪の開発は国内は全く気にしないってのも言ってた、国内はおまけだって。

Posted by: 赤の9番 | Monday, March 12, 2012 14:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二輪人気凋落の正体見たり。:

« 古い冗談。 | Main | インフラの更新。 »