« April 22, 2012 - April 28, 2012 | Main | May 6, 2012 - May 12, 2012 »

Saturday, May 05, 2012

The Sun is My Enemy?

先日の35mmはK-xにつけてみるとこういう感じになりました。

K-x with DA35mmF2.4AL

閑話休題。
太陽(日蝕)撮影用の減光フィルターND-100000を買ったので試しに撮ってみたの。

120505a

明るすぎて難しい。スポット測光にしたらちょっとうまくやってくれるようになった。F9ぐらいまで絞ってるんだけどフォーカスはAFでもMFでもかなりシビア。どうにもぼんやりした画になっちゃうなぁ。

中心ちょい左下に見えるゴミみたいなのはたぶん黒点です。何回撮っても同じ場所に写るからゴミじゃないと思う。

そろそろ日蝕グッズは売り切ればっかりになってきたからほしい人は急ぐよろし。

DHG ND-100000

マルミ光機太陽撮影用フィルター DHG ND-100000
価格:5,710円(税込、送料込)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, May 02, 2012

沼の畔(ほとり)に佇(たたず)む。

レンズ買いました。

PENTAX DA35mmF2.4AL(シルバー)

DA35mmF2.4AL(シルバー)
価格:19,698円(税込送料込)

標準領域の明るい単焦点がほしかったので。35mm換算で53mm相当の画角。
PENTAX純正のカラーオーダー品、シルバー。パッと見でも鏡筒はプラスチックまる出しで高級感は皆無。AFはSDMじゃないからギュンギュン賑やかだけど、まあまあ速い。キットレンズの標準ズームと比べたら実用上は大差ないくらいの違い。最短距離0.3mだからマクロは無理としても、意外に寄れる感じ。
PENTAXはね、この価格帯のレンズにも思い切ってQuick Shift Focusつけた方がボディともども売れると思う。もはやフォーカスリングに距離指標つけてないんだし。

で、どうやらこれAPS-Cサイズのデジタル向けに再設計されたものの、光学系は由緒正しいFA35mm F2の一部を流用してるもよう。(同じ焦点距離でもDA35mmF2.8 Macro Limitedとは完全に別設計)

“隠れスターレンズ” ペンタックス「FA35mmF2AL」

DA(L)35/2.4 Just a Re-packaged FA35/2!?

最近の例で言うとK-01の標準キットについてくるDA40mm F2.8 XSとDA40mmF2.8 Limitedみたいな関係かも?

もうひとつ迷った機種はコチラ。

SIGMA 30mm F1.4 EX DC

SIGMA 30mm F1.4 EX DC
価格:38,000円(税込、送料込)5月7日9時59分までポイント10倍!

実用になるかどうかは別として開放バカなので。

旅行はこういう経費も見積もらないといけないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

燃費メモ。120501

195km/9.5l=20.5km/l@¥147.
ガソリン価格やっと落ち着いてきた?
革ジャケットのベンチレーション全開でちょうどいい陽気。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, April 29, 2012

The Road to TNSC.

来月半ば、四回目の種子島に行きます。

いつか種子島完全攻略サイト作ってやろうと思ってるのですが、その素材として断片的な情報を書きなぐっていこう。僕自身が関東在住なので出発地は羽田を基準にします。

まず交通手段について。
時間的に最も早いのは以下のAコース。所要時間は乗り換えを含めて3時間強〜4時間。

羽田 -> 鹿児島空港 ¥9,870(ソラシドエアー)〜¥39,070(JAL,ANA正規運賃)
鹿児島空港 -> 種子島空港 ¥5,800〜¥8,500(JAL)
ただしこのプランはおすすめできない理由がふたつある。

1.ロケットを見に行こうとすると、打ち上げ日時が発表された時点ですでに空席がない。(官僚や政治家の視察を含む関係者は事前に席を確保できるため)
2.空港がある中種子町に降りたところで立地が不便。タクシーかレンタカー屋さんが迎えにきてくれないと身動きが取れない。
3.せっかく種子島に行くのに旅を楽しめない。

なのでこれは第一候補には挙げられません。
少し余裕を持った日程で、帰りならいいかも。ボンバルディアとかサーブみたいな小さい飛行機に乗れるから楽しかろう。それでも僕は帰りに鹿児島市内をフラフラしたいので。

次。
現実的な時間で最も安く行くBコース。

羽田 -> 鹿児島空港 ¥9,870(ソラシドエアー)
鹿児島空港 -> 鹿児島港 ¥1,200(高速バス
(指宿枕崎線)
鹿児島港北埠頭 -> 種子島・西之表港 片道¥3,000 往復割引で¥5,400(フェリー・はいびすかす
これだと羽田発から14時間半ほど。飛行機は一番安い早朝のじゃなくてもうちょっと出せば総行程8時間弱ぐらいまでは縮められる。船は種子島の首都(笑)西之表港に入るので*、移動も便利。鹿児島港は桜島の目の前なので旅情もそれなりに。でもホテルのチェックインが22時とかになっちゃう。

*島間港に入るフェリーもあるので注意!あの近辺はレンタカーでドライブには最高ですが島外の人がいきなり港に入っても移動が不便です。

空港から港へ行く高速バスは、空港を出たところにいきなりバス乗り場があるし、「高速船ターミナルに行くバスはここですか?」「はい〜、次あと10分ぐらいでくるのは港まで直行ですよ」なんて感じでみなさん親切に教えてくれるから心配無用。

おすすめはBコースをアレンジしたコレ。

羽田 -> 鹿児島空港 ¥9,870〜(お好きな飛行機で)
鹿児島空港 -> 鹿児島港 ¥1,050?(高速バス)
鹿児島港北埠頭 -> 種子島・西之表港 片道¥7,000 往復割引で¥12,600(高速船ロケットトッピー
高速船はボーイング929という飛行機会社が軍艦からの応用で作った水中翼船。日本で就航してる個体の多くは三菱重工のライセンス生産かも。なんとなく予約したら港に入ってきた方に乗るというのどかな相互運用体制。でもシートベルトや電波を出す機器の使用については飛行機なみにうるさいし、たまにクジラ轢いたり流木が漂着して止まる。
これに乗ると、しばらく前に出港したフェリーを追い越していく…その上を飛行機が追い越していくというヒエラルキーに組み込まれていることを実感できる。

概算すると安く行こうと思えば交通費は往復で3万円弱。あと現地での宿泊はシングル素泊まり5千円程度から、レンタカーが1日4〜6千円程度。

ここまで書いといてアレですが旅に不慣れだったら旅行会社のパッケージ申し込んだ方が簡単かも。

種子島ツアー|オリオンツアー

しかも自分でバラバラに手配するより安いという。。。
今日はここまで!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 22, 2012 - April 28, 2012 | Main | May 6, 2012 - May 12, 2012 »