« January 8, 2012 - January 14, 2012 | Main | January 22, 2012 - January 28, 2012 »

Friday, January 20, 2012

燃費メモ。120119

202km/10l=20.2km/l@¥140.
イランのアレで?ガソリン価格急騰。真冬。雨。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, January 18, 2012

ホビー or DIY魂?

完成品の"CREATE 24"ロゴが絶望的にダサイ。。。

時計組立てキット組匠KUMITAKU 販売価格 68,250円(税込)

パッと見でUnitasだよね、これ。
ちょっと前までの"現代のPanerai"に入ってた、と言うとアリガタミ感じるかもしれないけど、もともとは懐中時計用の手巻き5振動ムーブメント。でかいから素人でも組み立てやすいのかな?

プロモーションとサポートのコストを考えたらボッタクリという金額ではない。

中の機械だけ単体ならこんな値段。
ご多分に漏れずというかなんというか、今はETAなんですね。

Swiss Unitas ETA 6498 - Brand New - Same Specs as 6497

eBayでも同じような金額だ。作ってみる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

No one dreams about it.

まずは、こちらの動画をごらんください。

仕様が詰まってないんだかコースと速度域が合わないんだかわからんが、ほんとに影山の兄ちゃんが乗ってんのか?挙動の変化とそれへ対応(修正)にラグありすぎ。人形が乗ってるのを遠隔で操作する実験だと思えばなんとか見られる。

あとこれ水平対向いい音するなーなんつってる人いるけど、水平対向の音というよりも不等長エキゾーストの排気干渉音だよな。そういうの意図的に作っといて名前だけハチロクて、当のトヨタにお金が入ったわけじゃなし、誰の夢でもなかろうよ。昭和の貧しさを引きずる機械とみなされなければいいけど。

…これがウケる土壌があるならばS15シルビアはもっと売れてよかったはず。

2,000ccの直4+インタークーラーターボで250ps/28kg・mに6MTがついて車重1,240kg前後。新車で239万円から。ロードスターほどハンドリング雰囲気マシンでもなく、3ナンバーの6気筒ほど馬鹿力でもなく。これぞまさに日本の中庸スポーツカーだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度こそタッチダウン成功をめざして。

なんだかいまいちすっきりしないのは、理学ミッションがはっきりしているのに対して、工学的チャレンジが手薄な感じがするからかな。

「はやぶさ2」、14~15年に打ち上げへ

もともと先代のはやぶさが「工学実験機」だったことを考えれば方向性としては正しいんだろう。

で、それをH-IIAでTNSCから上げるの? 2014年なら内之浦からイプシロンが上がるでしょうよ。

深宇宙探査について忘れちゃいけないのは、探査対象の天体と地球のどっちも公転してるから、ほとんどの場合で、位置関係が「いい」タイミングでの打ち上げをめざしてプロジェクトが進行しているということ。たとえ予算が不透明であっても。一度それを逃すと次のチャンスは2年後とか、ことによると16年後とかそういうスケールで動いてるんです、宇宙は。人間の営みとは違ったタイムスケールでね。

一方でIGS(情報収集衛星)とQZSS(準天頂GPS補完衛星)の「ヒモつき予算」はしっかり確保されるみたい。すぐ役に立つNASDA系に偏りすぎ?ISASがんばれ。日本の宇宙開発の歴史を作ってきたのは「開発事業」だけじゃない。数年前まで別の組織だったとはいえ「宇宙科学」と両輪のバランスの上に成り立っているのさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おそロシア?

安全に落ちました。残念ながら。

ロシア探査機の破片、チリ沖の太平洋上に落下

ロシアの火星探査機「フォボス・グルント」、太平洋上に落下

On the situation with the spacecraft "Phobos-Grunt"

Roscosmosのサイトは基本的にロシア語、だがGoogleで英語にするとそこそこ読める。どの程度の翻訳精度なのかは不明。。。

探査機失敗は米国のせい?=レーダー放射原因と報道―ロシア

ロシアに中国が相乗りのプロジェクトだからアメリカ的には落としてやりたいと思うかもね。
でも今回うまく点火しなかった上段のロケットモーターFregatは地上からのコマンドじゃなくて自律的に機能するものだ。そもそも点火する時点でロシアの管制からは光学的にも電波的にもロストした位置を飛んでるはずだし。
高度400kmを時速28,800kmで飛ぶ物体に、きわめて強い電磁波を集中的に浴びせることが可能であれば半導体の誤作動を誘発することは技術的にはありえるかも?

…どこも責任者の立場はつらいねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 8, 2012 - January 14, 2012 | Main | January 22, 2012 - January 28, 2012 »