« December 2012 | Main | February 2013 »

Sunday, January 27, 2013

H-IIA F22.

H-IIAロケット22号機による
情報収集衛星レーダ4号機および実証衛星の打上げ結果について

H2Aロケット打ち上げ成功 衛星を所定の軌道に投入

リフトオフから20秒でいわゆる雲ズボでしたが…。

それはそうと、今回どういうわけか直前(当日!)の鹿児島 -> 種子島便に急に空きが出たんです。いつもは日程発表前に関係者で埋まっちゃうのに。

Senzai_2

JAL(JAC)の機材を見ると種子島便で使われているDH4=ボンバルディアDHC8-Q400は座席数74、
SF3=SAAB 340Bは36席しかない。

↓これ関係あるかな?

三菱電機株式会社に対する競争参加資格停止の解除について

6:10羽田始発のJAL1861に乗ると8:10に鹿児島空港着、そのまま8:30鹿児島発のJAC3761に乗り継ぎで9:05には種子島に上陸できるという…そのひとつ後のJAC3763でも11:30着だから13:30〜の打ち上げに間に合う。
かなり揺れたけど日帰りはツマラナイのでやめました。。。一週間とか休んでゆっくり行きたいね。もういいかな、と思う直前くらいで帰ってくるのがいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オイル交換。@62,695km

いつものChevron Supreme 10W-40を。
前回が9/27だから4ヶ月で2,000kmちょっとしか乗ってないんだね。

今冬、何回か発生していた2番シリンダーに火が入らない件。
始動はするもののアイドリングからブリップしたとき回転が上がりにくい、しばらく走ってると正常に加速するようになる等からキャブのスロー系でも詰まってんのかと思ったよ。実際に始動直後の現象発生時に2番のエキゾーストが冷たいまんまだったので原因判明。そろそろプラグ換えた方がいいのかな。(水冷エンジンのシリンダー触る感覚でエキゾーストマニフォルド触っちゃったらグローブの表面が軽く溶けたのは内緒!素手じゃなくてよかったね!)

で、この現象で問題になるのは、始動直後から火が入るまでの間、キャブはシリンダーにガソリンをジャブジャブ入れちゃうわけで、エンジンオイルに多量のガソリンが混ざっちゃう。ただでさえ冬場で乳化しやすいオイルにガソリン混ざると潤滑性能が落ちる。けどまあタコメーターの半分ぐらいしか使わないでおとなしく走ってる分には大丈夫、だと思いたい。と思ってたので交換。

出てきたオイルは通常の汚れのほかに乳化特有の少し白濁したような、いつもと違う感じ。まあ、これから暖かくなるだろうから様子を見よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, January 15, 2013

ものづくりと付加価値について。

示唆に富んだ、というか示唆を読み取るべき記事。

日本の「浮気携帯」 スマホ台頭でも根強い人気

職業柄、日ごろアメリカの会社が設計した工業製品を使う機会が多いんです。これが、ありていに言って大雑把!その「大雑把でいいんじゃん?」という部分だけを、この20年ほど日本の産業界は手本にしちゃった感じがするね。ソフトウェア、ハードウェアともに、それぞれ違った意味で大雑把。

日本人は、そして日本は、まだまだ世界的にみたらかなり上等な部類だよ。そしてそれを今後も維持できる社会体制はできつつあるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書店について考えてみる。

あ、正月とかは別に何もないです。

今日ね、東急(駅前のスーパー)のラパウザにピザ食べにいったんです。雪の中。
そんでついでだから本屋に寄ってみたのね。東急の中の。

そしたら本屋びっくりするね、本屋にいる人みんな同じ顔してるね。
もうひとつ、何か目当ての本があっても自力で探せる気がしないね。かといって店の人は図書委員より特殊な人種っぽい顔ばっかりで、コンビニとかとは違った意味で日本語が通じそうもない。いやもっと正確に言うと話しかける気にならない。

思うに、今この時代に本屋で紙の本を買う人というのは、おそらく世間的にフツウの人ではないのではないかと。そこらへん書店経営側も事情は察していて、いきおい棚は先鋭的なマニア向けのラインナップに特化していく、そういった循環が働いているのだろうなと、まあ違和感。

ほんの数年前までの書店はさ、もうちょっとフツウの商業出版物=「汎用性の高い知」が集積してるイメージあったんだけど。あれ完全に社会の特殊な一部だけを切り取った歪な空間だぜ。むしろコミケとか同人誌業界の方がポピュラーかもしれない。多面的な切り取り方という意味で。

音楽を聴く、という趣味が本質的には誰もがすべからく持っているべきものではないということを学習し、かつ売る側が提案型のビジネスに到達しない、消費材のばらまきに終始した歴史をなぞってるね。

もうずいぶん前の話、学校に行かないで雑誌ばっかり読んでた時代の記憶が対照的というタグつきで脳から押し出されてきたよ。月100冊とまでは言わないまでも、のべ60〜70冊は読んでたね。
今この時代、情報量は同じくらいのカサをネットで読みあさってるかもしんないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »