« April 14, 2013 - April 20, 2013 | Main | May 12, 2013 - May 18, 2013 »

Sunday, May 05, 2013

NC30 さっそく故障。

納車というか引渡のとき燃料コックがONのまま回らなくなったんですよ。で、急遽応急処置してくれたの。
それが漏れました。先日。

自宅まであと2〜3kmのところでガス欠、リザーブに入れてもエンジンかからない。しばらくセル回してたらかかったけどアイドリング維持できず、少し吹かし気味でギリギリ回る、けどクラッチつないで負荷かかったら止まる、というくり返し。1kmほど押してきて自宅のすぐ手前のスタンドでガソリン入れてみたら簡単に始動。

???

お、ガソリンくさい?
ならばタンク下から燃料ラインを見てってみようか、と思ったらいきなりコックから、ギリギリ地面まで落ちない程度のガソリンが漏れてる。コックのすぐ下にリヤバンクのエキゾーストやらバッテリーが密集してるので、このまま走ってたら燃えそう。現存する個体も多くない車種ということもあり、素直に直すことにしました。

燃料コックAssy.
新品は初版のパーツリストでは6,800円…が25年の時を経て現在約1.4万円。
ハゲオクの中古(ちゅうぶる)なら2千円+送料500円。

簡単に交換できた。タンクと接する部分のOリングがどっちもボロかったけどknown badな方がマシだったからつけかえ。あと液体ガスケット塗ってごまかした痕跡を清掃。

で、ガソリン入ってないからスタンドまで押して行って、ガソリン入れたら当然のように始動。今のところ漏れナシ。
負圧側のダイヤフラムが破れてるのかと思ってたんだけど開けてみたら大丈夫。ただしカバーはへげへげ。もう使わないかもしれないしアルミだから試しに水を入れてみたら切り替え側(リベットで留めてあって分解できない)から漏れてるみたい。この車種の所有者はマニアが多い、というか痴れ者しか買わないのでwebに情報がたくさんあるのが助かる。リベット掘って開けて中身をメンテナンスできるように改造しちゃってるツワモノがいますよ。参考になります。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 14, 2013 - April 20, 2013 | Main | May 12, 2013 - May 18, 2013 »